このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「フエフキダイ」はこちら >>

硬骨魚類綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目
スズキ系スズキ目スズキ亜目フエフキダイ科フエフキダイ属

フエフキダイ(fuefukidai)

魚貝の物知り度

★★★ 知っていたら通人級

学名 Lethrinus haematopterus Temminck and Schlegel
外国名 英名/Adjutant
同科同属 他のフエフキダイの仲間へはここから!
漢字・由来 漢字/笛吹鯛
由来・語源/静岡県沼津市静浦での呼び名。口笛を吹いているような口の形をしているため。
代表的な呼び名
地方名・市場名

古くはタマミ。
アカメ、キツネイチ、キチナギ、クチナジ、クチビ、クチビダイ、クチブ、クチブダイ、クチミ、クチミダイ、クチミチャー、ショナクチ、シヨナクチ、シロダイ、スビグワ、タバミ、タマメ、チビ、ブルボラ、メイチ。

形態
生息域 海水魚。山陰、和歌山県以南、小笠原。~台湾。
生態
基本情報 あまりまとまって取れることはない。
西日本の暖かい海域にいるもので、定置網などでとれ、産地などでは食用白身魚として普通に利用している。
水産基本情報 水産物としての重要度/★★ 地域的な水産物
市場での評価/西日本では少ないながら流通。あまり高くない。
漁法/定置網
産地/長崎県、鹿児島県
ノート
選び方 触って張りがあり目が澄んでいるもの。体色が濃いもの。
味わい・栄養 ★★★ 美味
旬は夏だと思われる。
個体によっては磯臭い。
鱗は硬く比較的取りやすく、皮はしっかりしているが薄い。
透明感のある白身で、透明感は比較的長く続く。ほどよく繊維質で身離れがいい。
皮や内臓、身から強くはないが磯臭さを感じる。
あら、骨などからいい出しが出る。
切り身、下ろした状態の図鑑
寄生虫
すしネタ 白身ネタ。皮を霜皮にして握ってうまい。
すしネタとしては寿司図鑑へ!
調理法 刺身(焼霜なども)、塩焼き、ムニエル
食べ方

刺身◆旬の時期は脂がほどよくのり美味だが、おしなべて淡泊。皮目をあぶって香ばしさをプラスして美味。



塩焼き◆皮がなんといっても香ばしく、皮下に甘みやうま味がある。身はほどよく繊維質で身離れがいい。



ムニエル◆磯臭さがバターで気にならなくなる。身質のよさと

好んで食べる地域
加工品・名産品
釣り
参考文献

『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)




関連コンテンツ

サイト内検索

目次