このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「ヒゲダイ」はこちら >>
硬骨魚類条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系
スズキ目スズキ亜科イサキ科ヒゲダイ属
ヒゲダイ
Hopalogenys nigripinnis
(Temminck and Schlegel)
イサキ科の他の魚へはここから!
物知り度/★★ 知っていたら達人級
食べ方◆刺身/ポワレ(ムニエル)/フライ/
塩焼き/煮つけ
◎非常に美味
市場での評価・取り扱われ方◆市場で見かけることは希。ときたまくると大きいのでそれなりの値をつける
生息域◆南日本から朝鮮半島南部。
生態◆調べているところ
漁獲方法◆定置網/刺し網/釣り
大きさ◆40センチ前後になる。体長は大きくならないが、体高があるので大型魚といえそう。
漢字◆「髭鯛」。
由来◆あご髭(あごひげ)が生えているから。
呼び名・方言◆調べているところ

 千葉県外房の定置網などでも希に見かける。
 各地で定置網などにはいるものの量的には非常に少ない。
◆食べてみる◆
 味がいいのは晩秋から冬ではないかと思うが自信がない。でも寒い時期のヒゲダイはハズレがない。味は最上級。
 刺身は透明感のある白身。甘味旨味も充分ある。
 ポワレ、ムニエルなどにしても美味。皮目がうまいのでポワレに向いていそうだ。
 他には塩焼き、煮つけ。
寿司に関しては寿司図鑑へ!
同定/『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
ヒゲダイは髭鯛
この魚の標準和名由来は考えることもない。単純にあごに肉質な髭(ひげ)が生えているから。近縁のヒゲソリダイとの区別は簡単にできる



関連コンテンツ

サイト内検索

目次