このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「ギンポ」はこちら >>
スズキ目ゲンゲ亜目ニシキギンポ科ニシキギンポ属 ギンポ
Enedrias nebulosa
ゲンゲ亜目の他の魚へはここから!
魚類軟骨魚類円口類(サメ・エイ・ヤツメウナギ等)魚類スズキ目以外の目次魚類カサゴ目の目次
スズキ目スズキ亜目次スズキ目スズキ亜目以外目次カレイ目・フグ目の目次魚類索引魚貝類の方言・呼び名
魚貝類の物知り度
★これを知っていたら学者 ★★これを知っていたら達人 ★★★これを知っていたら通 ★★★★これは常識 ★★★★★これ知ってなきゃハジ
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
物知り度/★★★
天ぷら/蒲焼
 北海道から九州まで、防波堤のテトラポットや港のなかのゴロタ石の間などにいる。
 気軽な港周りの釣りなどではお馴染みの魚、仕掛けをダメにされて悔しい思いをした人も多いはず? この魚の利用では関東、特に東京(江戸)が抜きん出ている。というか他の地域では価値がない。江戸前天ぷらのネタとしては最高のもの、そのため全国から東京へと目指して送られてくる。
釣り/キスなどの投げ釣りで港内や磯の周りで釣れる。仕掛けを動かさないのが釣りの秘けつ
■本種の天ぷらは、なかなか食べられない。まず入荷が少ないのと、扱える天ぷら職人が少ないのと、これが相乗効果を産み出している。しかし稀に巡り会ったときのうまさは格別。小骨というか不規則に入っている骨を切り、歯に触らぬように処理がされて大振りの揚げ鍋を泳いだばかりを食べるのがいい。さくっとした身にじわりと上品な脂が染み出してくる。これを時間をおくとまるで美味しくなくなる。
身体は左右に平たく、背ビレの棘が掴むと痛い。これを天ぷら用に卸すのはなかなか難しい。しかもうまい天ぷらには活けを使いたいのだから、手間を惜しんで嫌がる天ぷら職人も多い



関連コンテンツ

サイト内検索

目次