このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「シュモクガイ」はこちら >>
ウグイスガイ目シュモクガイ科 シュモクガイ(シュモクガキ)
Malleus (Malleus) albus Lamarck,1819
他のウグイスガイ目の貝へはここから!
二枚貝目次巻き貝目次タコイカ(頭足類他)目次軟体類他索引魚貝類の呼び名のページ目次へ!
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
魚貝類の物知り度
★これを知っていたら学者 ★★これを知っていたら達人 ★★★これを知っていたら通 ★★★★これは常識 ★★★★★これ知ってなきゃハジ
魚貝の物知り度/★
■貝の収集の対象。食用とするかなどわからない。情報を求む
 房総半島以南、熱帯インド、西太平洋の浅い砂泥に棲息。
 貝殻の一番長い部分で20センチはある。貝殻は厚みがあって透明感があり硬い。また貝殻の内側には乳白色と黒紫色の文様が走る。これがとても美しい。
 漢字では「撞木貝」。仏具のひとつ「撞木」に似ているところから来ている。「撞木」の形はアルファベットの「T」の字形。見たところ小槌に近い。
●高知県高知市 永野廣さんから



関連コンテンツ

サイト内検索

目次