このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「コベルトフネガイ」はこちら >>
小型で膨らみが強く、貝殻に殻皮があり毛状になる。やや角張る。
フネガイ科について◆
国内には52種。
食用となる貝は多いが、流通するものはアカガイ、サトウガイ、サルボウなど。地域的に食用となるものは無数にある。
軟体動物門二枚貝綱翼形亜綱
フネガイ目フネガイ上科フネガイ科
コベルトフネガイ
Arca boucardi Jousseaume ,1894
他のフネガイ科の貝にはここから!
魚貝の物知り度/★ 知っていたら学者級
食べ方◆みそ汁/酒蒸し
○美味
大きさ◆3センチ前後になる
生息域◆北海道南部から沖縄。
生態◆
潮間帯から浅い海の岩礁に足糸(足から分泌する)を出して付着している。
市場での評価・取り扱われ方◆
■一般に食用ではない。食用としている方、もしくは市域があったら連絡請う。
コベルトフネガイの基本◆
■これを食用にしているという地域は不明。
漁獲方法◆漁はない。
漢字◆「コベルト舟貝」。
由来◆「コベルト」はドイツの貝類学者(1880-1916)。「船貝」は横から見た形が船に似る?
呼び名・方言◆■調べているところ。
◆食べてみる◆
 
酒蒸し、みそ汁などにするととても味がいい。
 身自体にも旨味があり、濃厚なだしが出る。
●参考/『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)



関連コンテンツ

サイト内検索

目次