このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「ウネナシトマヤガイ」はこちら >>
魚貝の物知り度/★★ 知っていたら達人級
市場での評価・話題◆市有明海、島根県・鳥取県にまたがる中海などでは食べられている。地元ではやや高め
生息域◆津軽半島以南、台湾、中国大陸南部。
生態◆内湾、汽水域などの蛎殻(かきがら)などに足糸をからませて付着する。
大きさ◆殻長5センチ前後
漢字◆「畝無苫屋貝」。
由来◆トマヤガイに似て畝がない
呼び名・方言◆島根県・鳥取県の中海では「横貝(よこがい)」、佐賀県有明海沿岸では「姫貝(ひめがい)」。
食べ方◆みそ汁/酒蒸し

 関東の市場ではほとんど見た覚えがない
。非常に地方色の濃い味覚。
◆食べてみる◆
 
泥を含ん。非常に濃厚な旨味を持っている。その出しは絶品であるし、また貝自体も美味。
●鳥取県境港
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
二枚貝綱マルスダレガイ目フナガタガイ科
ウネナシトマヤガイ
Trapezium liratum (Reeve,1843)
その他のマルスダレガイ目へ



関連コンテンツ

サイト内検索

目次