このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「ビノスガイ」はこちら >>

軟体動物門二枚貝綱異歯亜綱マルスダレガイ目マルスダレガイ科

ビノスガイ(binosugai)

魚貝の物知り度

★★★★ 知っていたら達人級

学名 Mercenaria stimpsoni (Gould,1861)
外国名 英名/Stimpson's hard clam
同科同属 他のマルスダレガイ科へはここから!
漢字・由来 漢字/美之主貝。
由来・語源/古くはVenus属であったために、ビーナス貝と呼ばれた。「Venus」はギリシャ神話の愛と美の女神・ビーナスのこと。
地方名・市場名

オオスダレハマグリ、カラガイ、カラマキ、ソバモヂ、ソバモチゲィ、タバコガイ、タボコガイ、ビノシガイ、マサソバモチ。

形態 殻長10センチ前後になる。貝殻は厚く、貝殻はほんの少し赤味を帯びた灰色。貝殻の表面にざらざらした輪肋がある。
生息域 海水生。東北以北。
水深5メートル~30メートルの砂地。
生態
基本情報 地域限定的な食用二枚貝。
本種を対象とする漁はなく、混獲されるもの。
北海道などが産地ではあるが、人気は薄いと思われる。
関東にも入荷してくるが少なく、認知度は非常に低い。
水産基本情報 水産物としての重要度/★★ 地域的な水産物
市場での評価/関東などには希に入荷してくる。大きく立派だが、味が今イチであるので安い。
漁法/
産地/北海道



必ずエゾヌノメアサリとともに入荷してくる。登別産
ノート
選び方 貝殻の表面に微かながらも滑りのあるもの。貝殻がしっかり閉じているもの。
味わい・栄養 旬は不明。
貝殻が分厚く、非常に歩留まりが悪い。
旨みは少なく、熱を通すと硬くなる。
切り身図鑑
調理法 焼く、剥いてゆでる、煮る
食べ方 ウチムラサキのように強火で焼くのがいい。
可食部が硬く、あまり旨みが強くないが酒や醤油で味付けすることでおぎなえる。



蒸す、ゆでるなどしても悪くはない。
煮つけ、佃煮としてもいい。

すしネタとしては寿司図鑑へ!
好んで食べる地域
加工品・名産品
釣り
参考文献 『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)



関連コンテンツ

サイト内検索

目次