このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「オオヒタチオビ」はこちら >>
新腹足目ガクフボラ科 オオヒタチオビ
Fulgoraria magna
その他のガクフボラ科にはここから!
二枚貝目次巻き貝目次タコイカ(頭足類他)目次軟体類他索引魚貝類の呼び名のページ目次へ!
魚貝類の物知り度
★これを知っていたら学者 ★★これを知っていたら達人 ★★★これを知っていたら通 ★★★★これは常識 ★★★★★これ知ってなきゃハジ
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
Fulgoraria magna
魚貝の物知り度/★★
 北海道沖から相模湾。図鑑でも生息域は明確に書かれてはいないが、写真のものは新潟県能生町産。「常陸帯」とは昔、茨城県の鹿島神宮において祭礼時に縁結びの帯占に使われたものであると、『貝の和名』相模貝類同好会にある。ただし日立帯がどんなものであるかはまったく不明である。
■食用としない貝を食べるのは少々危険なのだが、赤の強い身の部分を食べてみる。これがまったく旨味がない。
●新潟県能生町産。新潟県上越市片岡鮮魚店



関連コンテンツ

サイト内検索

目次