このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「セイタカエゾボラ」はこちら >>
特徴/産地が日本海西部であること。外見的にはエゾボラモドキに似ている。また丸みを帯びてエゾボラモドキとしか見えない個体もある。基本的には背が高く、貝殻は白い。螺肋(貝殻にある筋)はくっきりしていてひも状。螺肋(貝殻にある筋)は弱くほとんどない。
画像は総て境港にあがったもの。隠岐の島周辺海域。とくに下の2個は同じ箱に入っていたもの
腹足綱前鰓亜綱真腹足目エゾバイ科エゾボラ属
セイタカエゾボ
Neptunea elegantula Ito andHabe,1965
他のエゾバイの仲間へはここから!
物知り度/★★
■島根県から希に入荷。値段は安い
生息域◆日本海西部に棲息。
大きさ◆ 殻長(貝殻の高さ)20センチ前後になる
漢字◆「背高蝦夷法」。
呼び名・方言◆単に「つぶ」。
エゾボラ属のABは「A つぶ」=「エゾボラ」、「Bつぶ」はエゾボラモドキを中心にエゾボラ以外と考えていいかも?
食べ方◆ 刺身/酒蒸し
注意◆身足の付け根、唾液腺にテトラミンという毒性分を持っている。食べるときには取り除くこと

 最初見たときにはエゾボラモドキでは、と勘違いした。それを産地が島根県であること、殻が薄く螺肋が非常に強いのでセイタカエゾボラであると思われた。
 水揚げ港は境港でも産地は総て島根県であり、隠岐ノ島からのものが多い。
◆食べてみる◆
 殻は薄く、写真の貝殻中央の穴はアイスピックですぐに開いた。ここにアイスピックを入れて身を切り離す。これで簡単に身が出てくる。刺身の味は旨味甘味ともあってうまい。また冷水と塩で締めた食感もほどよくて、清清しい味わいである。まつぶ(エゾボラ)よりも身のコリコリ感は劣るがうまさでは上かもしれない。酒蒸しも柔らかくうまい
身の取り出しかた。唾液腺の除去、刺身の作り方はここから!
寿司に関しては鮨図鑑へ!
●同定には『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、
『北の貝の仲間たち』(樋口滋雄)を主に使用した
●本サイトの無断転載、使用を禁止する



関連コンテンツ

サイト内検索

目次