このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「ミネフジツボ」はこちら >>
(上)広島県倉橋島 日美丸さんから送られてきたもの。
(下)青森県陸奥湾で養殖されたもの。土台にホタテの貝殻が使われている。
甲殻上綱顎脚綱蔓脚亜綱無柄目フジツボ亜目
フジツボ超科フジツボ科フジツボ亜科
ミネフジツボ
Balanus rostratus Hoek,1883
他の蔓脚綱へはここから!
魚貝の物知り度/★★★ 知っていたら通人級
食べ方◆酒蒸し(ワイン蒸し)
◎非常に美味
市場での評価・取り扱われ方◆近年関東の市場でも珍しくなくなった。値段は非常に高い。
ミネフジツボの基本◆
■国内ではもっとも大型のフジツボ。
■養殖されている。
生息域◆対馬以北の日本海側、相模湾以北の太平洋側。三河湾、浜名湖。関門海峡から北の瀬戸内海。
生態◆
雌雄同体。隣接する個体同士が精子を交換する。
幼生期(ノープリウス幼生、キプリス幼生)をへて岩などに着生する。
岩などには水中接着セメントという物質で張り付く。
大きさ◆周殻(山状の部分)の高さ50ミリほどになる。
漁獲方法◆■養殖
漢字◆「峰富士壺」。
由来◆峰を思わせるほどに大きくなるフジツボの意味。
呼び名・方言◆青森県では「かき」。
◆食べてみる◆
 主に酒蒸しにして爪の部分を持って、ゆっくり引き出しながら食べる。
 口にふくんだ途端に濃厚な海の香りと味わいが鋭角的に舌を刺激する。食べる部分は非常にすくない。
●同定/千葉県立中央博物館駒井智幸
●参考/『フジツボ類の最新学』(日本付着生物学会 恒星社厚生閣)
がついたものは引用部、もしくは参考文献あり
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
酒蒸しにしたもの。周殻(山状の外側の部分)に入っているのが蓋板と呼ばれる4枚の爪。そこにぶら下がるように生体部があって、ここが食用となる。食べられるのは染み出した液体と生体のみ。たぶん重量の10分の1も可食部はない


関連コンテンツ

サイト内検索

目次