このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「ヨロイメバル」はこちら >>
硬骨魚類条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系カサゴ目フサカサゴ科メバル属
ヨロイメバル
Sebastes hubbsi(Matsubara)
他のメバル属の魚へはここから!
魚貝の物知り度/★★ 知っていたら達人
市場での評価・取り扱われ方◆市場に入荷することは稀
生息域◆岩手県、新潟県以南、朝鮮半島。浅い岩礁域に棲息。
大きさ◆20センチ前後になる
漢字◆「鎧目張」
由来◆鎧(よろい)の緋縅(ひおどし)に似た文様という意味合いではないか?
呼び名・方言◆調べているところ
食べ方◆みそ汁/煮つけ/塩焼き/刺身

 大きくても20センチ足らずの魚で市場にはほとんど入荷しない。写真のものは三陸産、他のカサゴの仲間と混ざっていた。
釣り◆防波堤などでのルアー釣りの対象魚。またときにぶっこみ釣りでもあがる。
◆食べてみる◆
 小型なので、塩焼きや煮付け、ぶつ切りにしてみそ汁にするのがうまい。上質の白身でゴツゴツした頭などからたっぷりと出汁が出る。また刺身も、歩留りは悪いが上々の味。



関連コンテンツ

サイト内検索

目次