このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「ウケグチメバル」はこちら >>
魚貝の物知り度/★★ 知っていたら達人級
市場での評価・取り扱われ方◆関東の市場には希に入荷してくる。値段は高い
生息域◆岩手県から高知県まで棲息。
漁獲方法◆底引き網/釣り
大きさ◆30センチ前後になる
漢字◆「受口目張」
由来◆下あごが前に出ていることから
呼び名・方言◆関東の市場に入荷しても単に「目張(めばる)」と表示される
食べ方◆塩焼き/煮つけ/干物/刺身

 入荷の希な魚のひとつ。宮城県などからの荷を確認しているが、とれてもまとまらない魚のひとつであるようだ。関東の市場ではウスメバルなどと区別されないで取り扱われるので、意外に高いもの。
釣り◆塩常磐での「花だい(チダイ)」釣り、メバル釣りなどでの代表的な外道である。小振りで20センチ足らず、ときに10センチほどのものも多くて、食べるに食べられないので歓迎されない。
◆食べてみる◆
 大型のものは刺身に出来る。白身でうまい。ただし一般的には煮魚になる。他には塩焼き、干物がいい。
●静岡県沼津市 沼津魚市場 底引き網
硬骨魚類条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系
カサゴ目フサカサゴ科メバル属
ウケグチメバル
Sebastes scythropus
他のメバル属の魚へはここから!
カタボシアカメバルの鰓ぶた上の黒い斑紋は1点で下まで伸びない
ウケグチメバルの鰓ぶた上の黒い斑紋は帯状に長い



関連コンテンツ

サイト内検索

目次