このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「クロメヌケ」はこちら >>
黒というより、黄土色、薄汚れて見える。大きくなるもので、60センチ近いものが入荷してくる。
フサカサゴ科について◆
熱帯・温帯域に388種。
食用種にメバル、イズカサゴ、カサゴ、キチジ(キンキ)、ユメカサゴなど多数。
フサカサゴ科メバル属について◆
国内に37種。
「メヌケ」、「メバル」、「ソイ」などの魚名語尾がある。
総てが食用魚。
硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系
カサゴ目フサカサゴ科メバル属
クロメヌケ
Sebastes glaucus Hilgendorf
他のメバル属の魚へはここから!
魚貝の物知り度/★★ 知っていたら達人級
食べ方◆煮つけ/鍋物/煮つけ/
刺身(鮮度が避ければ)/塩焼き
○美味
◎鮮度がよければ非常に美味
大きさ◆■60センチ前後になる
生息域◆岩手県以北、日本海北部。オホーツク海、ベーリング海。
生態◆
深海性。
卵胎生。
市場での評価・取り扱われ方◆市場にも希に入荷する。関東の市場では定まった評価はない。
クロメヌケの基本◆
■「「目抜け(メヌケ)類」で唯一赤くない。
■関東の市場では珍しい。

漁獲方法◆底曳網/延縄
漢字◆「黒目抜」。
由来◆黒くて(赤くなくて)形的には「メヌケ類」に似ているため。
「めぬけ」について◆
■深い場所に生息するために釣り上げると、目が飛び出して「目が抜けた」状態になる。
■「オオメヌケ(オオサガ)」、「メヌケ(オオサガ)」、「コウジンメヌケ(オオサガ)」、アラメヌケ、バラメヌケ、アラスカメヌケ、ベニメヌケなど。
■「赤物」とも呼ばれる。
呼び名・方言◆「アオゾイ」。
釣り◆調べているところ。
◆食べてみる◆
 鮮度が落ちやすい。関東ではなかなかいいものが手に入らない。
 刺身にして脂・旨味がある。
 煮つけのうまさは屈指のもの。鍋物にも使える。
 塩焼き、ムニエルなどにも使えて美味。
寿司に関しては寿司図鑑へ!
同定/『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
参考/『北日本の魚と海藻』(北日本海洋センター)、『魚の分類の図鑑』上野輝彌・坂本一男 東海大学出版局)
■私見
がついたものは引用部、もしくは参考文献あり
●本サイトの無断転載、使用を禁止する



関連コンテンツ

サイト内検索

目次