このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「ホシガレイ」はこちら >>
市場での評価・取り扱われ方◆入荷量は非常に少なく、しかも超高級魚である。
養殖も試みられているようだが、今のところ市場では見ていない。。
生息域◆ピーター大帝湾以南、朝鮮半島、東シナ海から渤海。本州中部以南。
生態◆産卵期は12月から2月くらいまで。
大きさ◆
60センチ前後になる
漁獲法◆刺し網
漢字◆「星鰈」。
由来◆鰭(ひれ)と裏側に点在する星状の斑紋から。
呼び名・方言◆調べているところ。

 その昔は東京湾でもとれていたものだが、最近は激減しているようだ。各地で非常に高価に取り引きされていて、水揚げ値段が活けならキロ当たり10000円以上になることがある。
◆食べてみる◆
 江戸前寿司でも珍重するホシガレイであるが、いかんせん高価である。季節にもよるがヒラメよりも高いときがある。
 ほとんどが刺身にされるが、脂がありキメ細かな身はうまい。また塩焼きにしても絶品である。
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
硬骨魚類条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系
カレイ目カレイ科マツカワ属
ホシガレイ
Verasper variegatus (Temmink and Schlegel)
その他のカレイ科の魚へはここから!
物知り度/★★★ 知っていたら通人級
食べ方◆刺身/潮汁/
塩焼き/煮つけ/ムニエル
旬◆秋から冬
ホシガレイ、マツカワガレイの特徴はザラザラしたくっきりしたウロコ
ホシガレイ
背ビレ、尻ビレはホシガレイでは星、斑点となる
マツカワガレイ
背ビレ、尻ビレはマツカワガレイでは帯状に細長い



関連コンテンツ

サイト内検索

目次