このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「ヒメ」はこちら >>

硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区真骨亜区正新骨下区円鱗上目
ヒメ目アオメエソ亜目ヒメ科ヒメ属

ヒメ(hime)

魚貝の物知り度

★★★★ 知っていたら達人級

ヒメ

学名 Aulopus japonicus Gunther,1880
外国名 英名/Japanese aulopus
同科同属 他のヒメ目へはここから!
漢字・由来 漢字/

比女、姫
由来・語源/ヒメジと一緒に東京での呼び名。意味合いは姫で、鮮やかな体色によるのではないかと思う。
「ひめ(しめ)」というスズメ科の野鳥に由来すると『新釈 魚名考』(栄川省造 青銅企画出版)にある。漢字では「鳥偏に旨」。しかしその姿文様どこにも共通点がない。むしろその艶やかな外見から「姫」を当てるべきだと考える

代表的な呼び名
地方名・市場名

神奈川県相模湾でトンボ。
アカエソ、オキハゼ、スミウオ、トウハゼ、トラギス、トラハゼ、トンビカジキ、トンボハゼ、ハゼ、ハタハタ、ホトトギス。。

形態 体長20センチ前後になる。紡錘形で鱗は薄くはがれやすい。ヒレなどは赤みを帯び、頭部は短く目が大きい。
生息域 海水魚。日本各地。フィリピン。
水深100~200メートル。
生態
基本情報 一般に食用とはしない。
まとまって獲れた場合に練り製品の原料などになる。
水産基本情報 水産物としての重要度/★★ 地域的なもの
市場での評価/入荷は非常に希。非常に安い。
漁法/底引き網
産地/
ノート
選び方 触って張りのあるもの。色が鮮やかなもの。
味わい・栄養 ★★ まずくはない
旬は不明。
鱗は薄くはがれやすい。皮も薄い。
水分の多い身で、小骨が多い。
切り身、下ろした状態の図鑑
寄生虫
すしネタ 白身。
とんとん。
すしネタとしては寿司図鑑へ!
調理法 唐揚げ、干もの
食べ方 唐揚げ◆じっくり揚げると小骨が気にならなくて食べられる。

ヒメの干もの

干もの◆小骨は気になるが香ばしくてやや美味。
好んで食べる地域
加工品・名産品
釣り マダイのコマセ釣り、アジ釣りなどでの外道のひとつ。
参考文献 『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)



関連コンテンツ

サイト内検索

目次