このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「ハゼクチ」はこちら >>
硬骨魚類条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系
スズキ目ハゼ亜目ハゼ科マハゼ属
ハゼクチ
CAcanthogobius hasta (Temminck and Schlegel)
他のハゼ亜目の魚へはここから!
魚貝の物知り度/★★★ 知っていたら通人級
市場での評価・取り扱われ方◆有明海では晩秋から冬の味わい。関東の築地などにくることはほとんどない
生息域◆九有明海、八代海。朝鮮半島、中国、台湾。
生態◆干潟に棲息。藻なども食べる雑食性。
大きさ◆40センチ前後になる
漢字◆「鯊口」。参考/『魚と貝の事典』望月賢二 柏書房
「沙魚類」。参考/『新釈魚名考』榮川省造 青銅企画出版
由来◆調べているところ
呼び名・方言◆
調べているところ
食べ方◆
刺身/煮つけ

 有明海、八代海。四国でも釣れているという話を聞いており、産地は正確ではない。
 40センチ以上、60センチにもなるという大型のハゼ。有明海では食用として珍重する。
◆食べてみる◆
 寒い時期のハゼクチはうまいという。そのもっともいい時期にとれたものを刺身にしてみた。これは絶品である。マハゼの刺身がうまいのは知られているが、それより上ではないか? ほかには煮つけがおすすめ。
●熊本県荒尾市の小林美香さんから。購入は柳川市の夜明茶屋
●本サイトの無断転載、使用を禁止する



関連コンテンツ

サイト内検索

目次