このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「キハッソク」はこちら >>
スズキ目スズキ亜目ハタ科キハッソク属 キハッソク Diploprion bifasciatum Cuvier
他のハタ科の魚へはここから!

魚貝類の物知り度
★これを知っていたら学者 ★★これを知っていたら達人 ★★★これを知っていたら通 ★★★★これは常識 ★★★★★これ知ってなきゃハジ
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
魚貝の物知り度/★★
■珍しい魚、流通することはまずない
●漢字「木八束」
刺身/焼き物他
 南日本からインド洋、西太平洋域。
 西日本などで非常に希にとれる魚。食用にするなどの情報は調べているところ。
 キハッソクは「木八束」と書く。これは木を8束使うほどに炊いてもまずくて食べられない魚という意味合い。「猫またぎ」と同様。ただし、これは色合いから来るもので、実際に食べるとうまい。
■「木八束」はうまいのか? これはかねがね知りたかったこと。それで怖々食べてみたらあにはからんやうまいではないか。ハタ科の魚ならではのしっかりした身質。そして旨味もある。刺身、塩焼きなどいろいろ使える。
●愛媛県愛南町深浦であがったもの。同町の中田親さんから
中田さんの深浦での魚たちは「知恵の輪」(Closed?リンク先不明)で見られます



関連コンテンツ

サイト内検索

目次