このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「ホウキハタ」はこちら >>
◆食べてみる◆
 刺身は透明感のある白身で、硬く締まっているので薄造りにする。あっさりしたなかに甘味があってかなりのうまさ。
 鍋材料としてはいいだしが出て、身にも味がある。ホウキハタの鍋は最高にうまい。
 その他、ムニエル、塩焼きと万能の魚である。
●同定/『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
●参考/『魚』(1940 田中茂穂 創元社)、『魚の分類の図鑑』上野輝彌・坂本一男 東海大学出版局)、『たべもの語源辞典』(清水桂一 東京堂出版)、『高知の魚名集』(岡林正十郎 リーブル出版)、『新釈魚名考』(榮川省造 青銅企画出版)、『広辞苑』
■私見
がついたものは引用部、もしくは参考文献あり
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
ベージュ色の地に独特の弓なりに背に走る筋文様がある
ハタ科(Serranidae) について◆
温帯・熱帯域に449種ほどが生息。
代表的な食用種はマハタ、キジハタ、アカハタ、クエ、スジアラなど多数。
硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系
スズキ目スズキ亜目ハタ科マハタ属
ホウキハタ
Epinephelus morrhua (Valenciennes)
他のハタ科の魚へはここから!
魚貝の物知り度/★★★ 知っていたら通人級
食べ方◆鍋(ブイヤベース)/刺身(カルパッチョ)/
ムニエル(ソテー)/塩焼き他
◎非常に美味
大きさ◆1メートル前後になる
生息域◆南日本。インド・太平洋域。
生態◆調べているところ。
市場での評価・取り扱われ方◆関東のいちばにはときどき入荷してくる。珍しいものではない。値段はとても高い。
ホウキハタの基本◆
■ハタは大きいほど高い。
■関東の市場には伊豆諸島からの入荷が多い。
名付けたのは田中茂穂。
漁獲方法◆釣り。
漢字◆
「箒羽太」。
由来◆文様から(?)。
「はた」について◆
■「漢字「羽太」は音からの当て字。
「はた」とは「鰭(はた)」もしくは魚自体をさす。
「はた」とは「斑(はだら)」であり、「斑紋のある魚の意味」。
「はた」とは東京周辺での呼び名。
ハタ類の一部を九州では「アラ」。
ハタ類を大阪、和歌山などで「マス」。
呼び名・方言◆
高知市周辺では「クエ」。
「アオナ」、「オーナイ」、「ツルゴ」、「ハルカナ」、「ハルナ」。
釣り
■伊豆諸島、伊豆半島などでもコマセ釣り、生き餌釣りなどであがる。
身は雪のように白い。旨味は淡く、食感がいい。上品な味わいで、もの足りなく感じるかもしれない。



関連コンテンツ

サイト内検索

目次