このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「ヒメコダイ」はこちら >>
硬骨魚類条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系
スズキ目スズキ亜目ハタ科ヒメコダイ亜科ヒメコダイ属
ヒメコダイ
Chelidoperca hirundinacea (Valenciennes)
●他のハタ科の魚へはここから!
魚貝の物知り度/★★★ 知っていたら達人級
市場での評価・取り扱われ方◆市場にはときどき出回る。一定の評価はない
生息域◆琉球列島を除く南日本、東シナ海の大陸棚縁辺部の砂泥底。
生態◆調べているところ
大きさ◆30センチ前後になる
漢字◆「姫小鯛」?
由来◆辞書などを見ると「姫小」というのは“ちいさい”、“可愛らしい”の意味である。
呼び名・方言◆北海道紋別市、雄武町周辺(オホーツク海に面する)では「おいらん」。
食べ方◆ 天ぷら/干物/刺身/唐揚げ/煮つけ

 水深100メートルを超える深場に多い。ときに大量にとれるのか鮮魚で入荷することもあるようだ。相模湾での船釣りではよく釣れる魚のひとつ、代表的な外道である。タイなどを狙う人たちには見向きもされない。
 静岡県沼津市では「あからさ」、三重県尾鷲市では「赤鰺(あかあじ)」と呼ぶ。
◆食べてみる◆
 皮下に風味があり、上品な白身である。これを天ぷらにすると絶品。また小魚の割に刺身でもうまい。他には煮つけ、唐揚げ、干物。
寿司に関しては寿司図鑑へ!
●静岡県沼津市沼津魚市場
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
↑この色合いなら料理屋でも使える。
(上右)干物は焼きながら喰え。すばらしい風味が楽しめる。
→白身で繊維質なので煮つけにして美味。意外に皮下に脂があり甘い



関連コンテンツ

サイト内検索

目次