このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「ヒメダイ」はこちら >>

顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目フエダイ科ヒメダイ属

ヒメダイ(Himedai)

魚貝の物知り度

★★★★ 知っていたら達人級

学名 Pristipomoides sieboldii (Bleeker)
外国名 英名/Crimson snapper,Sea-perch,Snapper
同科同属 その他のフエダイ科の魚へはここから!
漢字・由来 漢字/姫鯛(himedai)
由来・語源/不明
地方名・市場名

別名、チビキモドキ。
関東、伊豆諸島、小笠原ではオゴダイ。
その他、アカキタイ、アカサバ、アカトンボ、イチキ、オゴ、クルキンマチ、クルギンマチ、コマス、チイキ、ヘエシ、ホンチビキ、マーマチ、マチ、ママチ、マルダイ、メダイ。

形態 体長50センチ前後になる。やや細長い紡錘形。斑文はなく、尾鰭は褐色。
生息域 海水魚。南日本。インド・西太平洋域。
生態
一般的評価 東京では高級魚。
一般には出回らない。
水産基本情報 市場での評価/東京では伊豆諸島や小笠原から安定して入荷がある。値段は高く、キロあたり卸値2000円前後。
漁法/釣り
産地/伊豆諸島、小笠原、和歌山県、四国、九州、南西諸島、沖縄。
雑学
選び方 触って硬いもので、鰓が鮮紅色のもの。
味わい・栄養 旬は不明。
白身でしっかりした身。
旨み、甘みがある。
調理法 刺身、ポワレ、塩焼き、潮汁、フライ、唐揚げ
食べ方 白身であまり料理法を選ばない。
刺身はとてもうまい。



鮮度に難点があれば漬けにしてもいい。
漬けはみりんと醤油を合わせたものに漬けて、10分前後。
わさびではなく辛子で食べる。
ポワレは絶品。



塩焼きにしても非常に美味。
潮汁にも。
唐揚げやフライにも向く。

寿司に関しては寿司図鑑へ!
好んで食べる地域
加工品・名産品
釣り
参考文献 『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『商用魚介名ハンドブック』(日本水産物貿易協会編 成山堂)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)



関連コンテンツ

サイト内検索

目次