このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「ホソトビウオ」はこちら >>
↑小振りで身体が丸く寸つまりに見える。

←第一鰓弓の下枝(直角に曲がった下)鰓把数(白い枝状のもの)が20本以上
硬骨魚類条鰭亜綱新鰭区新骨亜区正新骨下区側
棘鰭上目スメグマモルフ系トウゴロウイワシ亜系
ダツ目トビウオ亜目トビウオ科ハマトビウオ属
ホソトビウオ
Cypselurus hiraii Abe
他のトビウオ科の魚へはここから!
魚貝の物知り度/★★ 知っていたら達人級
食べ方◆唐揚げ/
たたき(タルタル)/なめろう(みそたたき)
○美味
市場での評価・取り扱われ方◆夏に日本海各地から入荷。値段は安い。
生息域◆津軽海峡以南の各地。
生態◆夏にかけて産卵のために北上する。大きな群を作る。
産卵期は夏。
漁獲方法◆流し刺し網/定置網/底刺し網/巻き網
大きさ◆25センチ前後になる。
漢字◆「細飛魚」。
由来◆身体がほっそりしているため。
呼び名・方言◆市場では「丸飛び(まるとび)」、「まる」と呼ばれることが多い。
島根県では「あご」、「丸あご(まるあご)」、「小目(こめ)」。


 鮮魚よりも干物、煮干し、練り製品の原料として重要。島根県、鳥取県での大きな竹輪「あご野焼き」は本種などが原料。長崎県の焼き干し、島根県の煮干しなども最近ではなかなか高級品である。

 夏の日本海では代表的なもの。島根県多伎町多岐漁港では本種を「小目」、ツクシトビウオを「大目」と呼ぶ。関東では「まるとび」。
◆食べてみる◆
 ずんぐりとして身は思ったよりも厚みがある。透明感のある白身でしっかりしている。
 端的にうまいのは唐揚げ、胸ビレをつけたまま丸揚げにすると豪華。
 刺身するよりも小さく刻んで青じそやミョウガと合わせるたたきが向いている。同様に千葉県での「なめろう」、みそたたきもうまい。
寿司に関しては寿司図鑑へ!
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
焼き干し
長崎県で作られる「焼き干し」、島根県での「煮干し」は今では高級品である。
カタクチイワシのものよりもあっさりして、軽い味わい。ソーメン汁などにして美味。



関連コンテンツ

サイト内検索

目次