このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「オオミツトゲチヒロエビ」はこちら >>
十脚目根鰓亜目チヒロエビ科 オオミツトゲチヒロエビ Aristaeopsis edweardsiana (Johnson, 1867)
他のチヒロエビ科のエビにはここから!

魚貝類の物知り度
★これを知っていたら学者 ★★これを知っていたら達人 ★★★これを知っていたら通 ★★★★これは常識 ★★★★★これ知ってなきゃハジ
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
魚貝の物知り度/★
■オーストラリアなどで食用とされる。また輸入されている
漢字◆「大三刺千尋蝦」
呼び名・方言◆調べているところ
食べ方◆
しゃぶしゃぶ/天ぷら/茹でエビ/刺身(軽く湯通し)
大きさ◆ 体長35センチほどになる大型のエビ。
生息域◆画像のものは熊野灘産であるが、西太平洋、インド洋、太平洋に広く分布する。我が国においては小笠原海域、高知沖からのものが確認されていた。

 ギアナ、スリナムなどから水揚げされるものを「スカーレットシュリンプ」として輸入販売する努力もなされている。
 またオーストラリアなどで食用とされている。
■生で食べると多少、独特の脂分が気になり、胃にもたれる。刺身として食べるなら軽く湯通しした方がいい。ここでお勧めなのが、しゃぶしゃぶである。これはまことにうまい。いくらでも食べられる、止まらない。また茹でても美味。
寿司に関しては寿司図鑑へ!
●三重県尾鷲市産、岩田昭人さん(「一日一魚」の制作者)から
●スリナムなどからの冷凍輸入に関しては「赤えびエイト」
同定者/駒井智幸(千葉県立中央博物館)
●「水産総合研究センター 開発調査部」のページを参考にしました
頭を取り殻をむいて昆布だしのなかでしゃぶしゃぶにする。これが絶品である。食べ始めるとやめられなくなる。


関連コンテンツ

サイト内検索

目次