このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「スジエビ/川エビ」はこちら >>
十脚目テナガエビ科スジエビ属 スジエビ Palaemon paucidens
他のテナガエビ科のエビにはここから!

魚貝類の物知り度
★これを知っていたら学者 ★★これを知っていたら達人 ★★★これを知っていたら通 ★★★★これは常識 ★★★★★これ知ってなきゃハジ
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
魚貝の物知り度/★★★
■市場で川エビといえば本種のことであることが多い。入荷は多く、値段は高値安定

素揚げ/唐揚げ/エビ豆
 北海道から九州の河川や湖に普通に見られる。
 市場で「川えび」として売られているのはこのスジエビとテナガエビの2種。テナガエビよりも安く手頃である。写真のものは茨城県産であるが、関西では釣り餌として一般的。北海道から九州まで日本の淡水、汽水域でもっとも普通にみられるエビである。また東京の多摩川水系、神奈川県の相模川水系など首都圏の川でも非常に多い。
■琵琶湖でのお土産にスジエビと大豆を炊いた「えび豆」というのがあるが、これは薄味でエビの香りがしておいしい。佃煮や出汁としても使われる。生で入荷したときは関東ではもっぱら素揚げ、唐揚げにされる。この唐揚げは居酒屋の味わいである。
同定者/駒井智幸(千葉県立中央博物館)


関連コンテンツ

サイト内検索

目次