このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「シロクラベラ」はこちら >>

顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系ベラ亜目ベラ科イラ属

シロクラベラ(sirokurabera)

魚貝の物知り度

★★★★★ 知っていたら学者級

学名 Choerodon shoenleinii (Valenciennes)
外国名 英名/Blackspot tuskfish
同科同属 他のベラ亜目の魚へはここから!
漢字・由来 漢字/白鞍倍良?
由来・語源/小さい固体の尾鰭の前に白い斑文(鞍をかけたように左右に振り分けた)があるためか?
代表的な呼び名 マクブ
地方名・市場名

沖縄本島ではマクブ、マクブー。
沖縄宮古島ではマクブ。
沖縄八重山ではオーマクブー。

形態 体長1メートル前後になる。側扁(左右に平たい)し、背鰭とその基部に顕著な黒い斑文がある。
生息域 海水魚。沖縄以南。〜西太平洋。
浅い岩礁、砂礫地。
生態
基本情報 国内では沖縄の特産魚で「沖縄三大高級魚」のひとつ。
浅場に多く、1メートルを超える大型魚。
とても美しい白身で、まったくクセがない。
比較的薄味の沖縄料理に相性のいい魚でもある。
水産基本情報 水産物としての重要度/★★ 地域的な水産物
市場での評価/沖縄の特産魚で「沖縄三大高級魚」のひとつ。沖縄県内での取引に限定されており、高級なもの。
漁法/釣り、刺し網
産地/沖縄
ノート
選び方 体色のしっかり濃いもの、鰭の赤味、青い筋などがくっきりして、目が澄んでいるもの。
味わい・栄養 旬は不明。
非常に大型になる。
鱗は柔らかく大きい。
皮は適度に丈夫。
パールホワイトの身で、肉はやや締まっている。
まったくクセがなく、微かに甘みがある。
熱を通すと、やや硬くなる。
いいだしが出る。
切り身、下ろした状態の図鑑
調理法 まーす煮、汁、刺身、バター焼き
食べ方 まーす煮◆やや濃い塩水のなかで強火で煮上げる。身は締まり、ほどよく繊維質、淡泊ななかに甘みとほどよい旨みがあり非常に美味。



汁◆沖縄ではハタやベラ類などを魚汁にする。ようするに魚のみそ汁であるが、汁も魚自体も楽しむもので、魚の旨みのあるなしで味の良し悪しが左右される。この魚汁に用いてもっとも美味なもののひとつ。



刺身◆単に刺身にしても甘みやほどよい旨みがあってうまい。皮を生かして霜皮造りにすると、やや皮の固さを感じるが、これも美味。
バター焼き◆バター、マーガリンでこんがり焼き上げ、生醤油を垂らすのであるが、非常にうまい。酒の肴というよりも、ご飯に合う。
クセのないしまった身質なので、料理法を選ばない。
すしネタとしては寿司図鑑へ!
好んで食べる地域 沖縄三大高級魚。
加工品・名産品
釣り 沖縄では人気のある釣魚。ぶっ込み釣りでエサはエビ、カニ。
参考文献 『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『日本の海水魚』(岡村収、尼岡邦夫編・監修 山と渓谷社)、『沖縄の釣り魚』(城一人 フィッシング沖縄社)、『沖縄の漁具・漁法』(沖縄県漁業振興基金  編集沖縄県水産試験場)



関連コンテンツ

サイト内検索

目次