このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「ヒレナガカンパチ」はこちら >>
硬骨魚類条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目アジ科ブリ属 ヒレナガカンパチ Seriola rivoliana Valenciennes
他のアジ科の魚へはここから!


魚貝類の物知り度
★これを知っていたら学者 ★★これを知っていたら達人 ★★★これを知っていたら通 ★★★★これは常識 ★★★★★これ知ってなきゃハジ
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
ヒレナガカンパチ/カンパチよりもずんぐりしている。また背ビレが長く、尾ビレの下縁が白くない
カンパチ/ややほっそりしている。背ビレが長くない。尾ビレ下先が白い
魚貝の物知り度/★★
■関東の市場には伊豆七島などからときにまとまって入荷してくる
生息域◆全世界の温帯、熱帯に棲息。
大きさ◆1メートルを超える
漢字◆「鰭長間八」。参考/広辞苑
呼び名・方言◆神津島からは「イソカン」すなわち「磯カンパチ」として来ている
食べ方◆ 刺身/フライ/ムニエル/煮つけ/焼き物

 産卵期は夏で、また夏が旬。
 どこか熱帯の魚だというイメージがあるが、伊豆七島などには多い魚である。また2002年の夏の三重県尾鷲の『一日一魚』に本種が定置網に入り活けで出荷される様子がのっていたが、千葉県の外房にもときどき来る模様だ。
■大きさ50センチほどのものを刺身にしてみた。脂が少なくやや物足りないが味はとてもよい。
寿司に関しては寿司図鑑へ!
●写真上は神津島産
→刺身の味わいは、やや脂が少なく、さっぱりとしている。野〆(生かして〆る。すなわち即死させて神経を抜いていない)なのでプリプリ感がない。池の味わいは最上級
(右)は照焼き風に仕立てたもの。あまり高くないのでおかずにもできる。
●ただし野〆の場合



関連コンテンツ

サイト内検索

目次