ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

マガキガイ(Strawberry Lipped Conch )

学名:Strombus luhuanus Linnaeus, 1758

マガキガイの形態写真

6センチ前後。しっかりした貝殻で、巻き紙を縦にして下をすぼめたような形。外見がイモガイに似ているのは、危険な巻き貝への擬態とされている。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    軟体動物門腹足綱前鰓亜綱盤足目ソデボラ超科ソデボラ科(スイショウガイ科)マガキガイ属
    外国名
    Strawberry Lipped Conch
    学名
    Strombus luhuanus Linnaeus, 1758
    漢字・由来
    漢字 籬貝
    由来・語源 『目八譜』(武蔵石寿著、服部雪斎ほか画 弘化2年[1845])による。貝表にある文様が、竹などで組んだ垣根に似ているから。
    地方名・市場名
    カマボラ/三重県尾鷲市
    キリクチミナ/長崎県
    コマガイ/沖縄
    チャンバラガイ/東京都伊豆大島、高知県、愛媛県南部でチャンバラガイ。「ちゃんばら」という言葉は映画からくる言葉で、言葉としては新しい。生きのいいときに長い爪状のふたをよく動かす。この様子が「ちゃんばら」の刀を振り回しての立ち回りを思わせるため。
    ツメガイ/和歌山県
    ティラジャー/沖縄
    トッミナ/鹿児島県南さつま市笠沙
    トネリ/静岡県沼津市、伊豆半島
    ピンピンガイ/三重県尾鷲市
    ハセバイ/三重県尾鷲市早田町、徳島県海部郡海陽町宍喰町・竹ヶ島
    ハシリガイ/大分県
    ハシリンド/愛媛県宇和郡愛南町城辺
    ハネイソメ/三重県熊野市
    イジノバイ、イモガイ、カマボッポ、キツケビナ、キッチョビナ、キラジャー、キリアイ、ケラジャ、チダラ、チョウセンババ、ツノバイ、ツメバイ、タイラダ、テラジャ、トウラジャ、トツビナ、トッミナ、トビンニャ、トュビテイラサ、トンビ、トンビン、ニンギョミナ、バイ、ハシゲ、ハシリガイ、ハシリボッポ、、ハセガイ、ハツシャガリ、ユナブク、ユノンウナ、ロウソクガイ
    生息域
    房総半島以南、熱帯太平洋。
    潮間帯の岩礁底から水深50メートルの砂地。
    生態
    小石などのある潮溜(しおだまり)に柄の長い触角をだしている。
    ギザギザのついた蓋(ふた)を海底にひっかけて動く。
    産卵期は初夏。
    基本情報
    熱帯では一般的な食用巻き貝。
    浅い場所にいるので磯遊びでとったりする。
    近年ではやや減少気味で、沖縄などでは養殖が試みられている。
    この貝を有名にしたのが高知県でのチャンバラガイという呼び名。
    味がよく名前がユニークなので人気が高い。
    そのためか関東周辺では高知県での呼び名・チャンバラガイと呼ばれている。
    水産基本情報
    市場での評価 地域的な産物であり、入荷量も非常に少ない。
    漁法 採取
    主な産地 沖縄県、高知県、宮崎県、三重県他
    市場でのチャンバラ貝マガキガイは高知県の呼び名、「ちゃんばら貝」というのが東京築地でも使われる。ただし必ずしも高知県産というわけではない。沖縄やときに輸入のものもある
    選び方
    原則的に生きているもの。
    味わい
    貝殻から取り出しやすく、身もそこそこに大きい。
    熱を通して食べる。
    身には適度な甘みがあり、貝臭さはほとんど感じられない。
    ワタが非常にうまくて、身の方が脇役的だ。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    料理法
    煮る(塩ゆで、しょうゆで煮る)
    マガキガイの塩ゆで
    煮る 塩味でもしょうゆ、酒などで煮ても美味しい。特に美味しいのはいちばん奥にある内臓。食べるときには楊枝などは不要で爪状のふたを持ってゆっくり引くといい。写真は塩ゆでにしたもの。塩ゆでは水から、10分前後ゆでる。
    マガキガイの身食べ方
    足の先にノコギリのようなギザギザのかぎ状の蓋があり、これを持って身をクルクルと出す。まるで巻き紙のようにきれいに出てくる。
    好んで食べる地域・名物料理
    静岡県から沖縄までの各地。
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    旧ページ内容
    古い記載が含まれている可能性があります
    ■関東の海辺で貝拾いをして遊ぶと本種をたびたび見つけるが、生きているものは未だ見つけられない。最初に本種を見たときはイモガイの仲間ではと猛毒のアンボイナを想起したがまったく別系統。付着性の微細藻類を岩や海草の表面から削りとって食べています草食の穏やかな貝。このイモガイに酷似しているのは擬態(食べられないために危険な生物に似ている)ではと考えられています。
    ■高知県の飲食店にいけば日常的に食べられそうだ。初めて食べたのも高知市で、「ちゃんばらがい」の名に惹かれて注文した。つまようじを貝の下から螺旋の中央にそって差し込み、くるりと取り出すと、足の先に爪がついていて、ここを持って口に運ぶ。味はワタのうま味が総てを支配する。濃厚な熟成したチーズを思わせるようなうま味。また同時に程よい甘味もある。巻貝の中で味覚は最上のものだ。
    参考文献・協力
    協力/長野淳さん(三重県熊野市)、宍喰漁業協同組合(徳島県海部郡海陽町宍喰町)
    『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、『貝の和名』(相模貝類談話会)、『自然観察シリーズ 日本の貝』(奥谷喬司 小学館)
  • 主食材として「マガキガイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ