ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ウミドジョウ(Loach brotula)

学名:Sirembo imberbis (Temminck & Schlegel,1846)

ウミドジョウの形態写真

体長20センチ前後になる。下あごに細い髭があり、背びれには黒い斑紋、尻ビレの基部は黒い。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    食用として認知されていない

    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区正真骨下区側棘鰭上目アシロ目アシロ亜目アシロ科ヨロイイタチウオ属
    外国名
    Loach brotula
    学名
    Sirembo imberbis (Temminck & Schlegel,1846)
    漢字・由来
    漢字 海泥鰌、海鰌
    由来・語源 神奈川県三崎での呼び名。古くはウミドジョオ。
    地方名・市場名
    イタチウオ、イモウオ(イモウヲ)、ウミドジヨオ、ウミナマズ、オキナマズ、タラ、ヒゼンダイ、マンダラ。
    生息域
    海水魚。水深30-200mの砂泥地。
    千葉県外房〜九州南岸の太平洋沿岸、新潟県〜九州西岸の日本海・東シナ海。東シナ海大陸棚斜面〜上部、朝鮮半島東岸、済州島、山東省〜海南島の中国沿岸、オーストラリア北岸・東岸・西岸。
    生態
    南日本のやや深い海の底に棲息。
    基本情報
    水産基本情報
    底引網などで混獲されるもの。
    選び方
    味わい
    まだ食べていない。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/『椿泊漁業協同組合』(徳島県阿南市)
    『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)
  • 主食材として「ウミドジョウ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ