ハナフエダイ

ハナフエダイの生物写真

40cm前後になる。ヒメダイ類では体高があり、ややタイ型。赤字にコバルトブルーの鮮やかな斑文が印象的。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★
美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目フエダイ科ヒメダイ属
外国名
Ornate Snapper
学名
Pristipomoides argyrogrammicus (Valenciennes)
漢字・由来
漢字 花笛鯛
由来・語源 フエダイの仲間で花びらのように美しいため。フエダイの語源などは不明。
地方名・市場名
沖縄でフカヤービタロー。
東京都小笠原でサクラダイ。
ハナチビキ、アマダイ、サクラダイ、タンゴヨ、ビタロオ、ビタローン。

概要 ▽

生息域

海水魚。100メートル以深。
伊豆諸島、西之島、小笠原諸島、火山列島、神奈川県三崎、静岡県御前崎、和歌山県南部、土佐湾、奄美大島以南の琉球列島、尖閣諸島、南大東島。台湾、東沙諸島、モーリシャス諸島、西-中央太平洋。

生態

産卵期は春から夏。

基本情報

東京都、沖縄県に多い魚。
いずれでもやや高値。
食用魚としては沖縄で知名度が高い。

水産基本情報

市場での評価 関東では少ないながら八丈島、小笠原などから入荷してくる。平凡な値段でときに安い。沖縄ではやや高値となっている。
漁法 釣り
産地 沖縄県、東京都

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

赤い色合いの強いもの。目が澄んでいるもの。触って張りのあるもの。鰓が赤いもの。

味わい

旬は春〜夏 年間を通して味があまり落ちない。
鱗はそれほど強くない。皮は柔らかい。
白身でまったくクセがない。熱を通しても硬くならない。
料理の方向性
上質な白身で適度に繊維質でぼろぼろしない。水分が多いのが難点。単に塩焼きにしてもうまいが、漬け魚の方がいい。またバターなどでソテーしたり、煮たりして向いている。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法
ソテー(バター焼き)、焼く(幽庵焼き、西京漬け)、生食(皮霜造り、焼霜造り)、汁(潮汁)
ハナフエダイのバター焼きバター焼き 塩コショウして1尾丸ごとバターでソテーする。仕上げにしょうゆをたらすとご飯にも向いている。
フカヤービタローのまーす煮(ハナフエダイのまーす煮) 濃い塩水のなかで煎りつけるように煮る。煮汁が少なくなったら出来上がり。味つけも塩と好みで泡盛だけで単純であるが、中型魚を味わい尽くすに最上の料理法。
ハナフエダイの皮霜造り皮霜造り 上品ではあるが身自体にはあまり味がない。それで皮を生かして霜皮造りにしてみた。皮下に甘みが感じられておいしい。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ