タマガシラ

タマガシラの生物写真

体長20cm前後になる。側扁(左右に平たい)し体側に4本の赤い横縞がある。

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★
美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜科イトヨリダイ科タマガシラ属
外国名
英名/Monocle-bream.Redbelt monocle-bream
学名
Parascolopsis inermis(Temminck and Schlegel)
漢字・由来
漢字 玉頭
由来・語源 神奈川県江ノ島周辺での呼び名。意味は不明。
地方名・市場名
ビタロー/沖縄
メバル/高知県宿毛市田ノ浦すくも湾漁協(目張)
アカナ(鹿児島)、ウミフナ(三重県志摩)、セアカナ(鹿児島県)、ノドクロ、ノドグロ(新潟県)、ノドゲロ(新潟)、ヒシムチ(沖縄)、ヒョウタン、ヒョウタンウオ(和歌山)、フナ(静岡県沼津)、ムギメシ(大阪、和歌山)。

概要 ▽

生息域

海水魚。水深50-210mの砂礫底や岩礁域。
日本海南西海域〜九州西岸、千葉県館山〜九州南岸の太平洋沿岸、東シナ海大陸棚縁辺域、沖縄島。朝鮮半島南岸、台湾、南沙諸島、フィリピン諸島、インドネシア、東インド洋沿岸。

生態

基本情報

あまりまとまってとれない。
産地では定置網や延縄で上がり、安いが流通している。
身が柔らかい、まとまらないなどで知名度は低い。

水産基本情報

市場での評価 入荷量は少ない。安い。
漁法 定置網、釣り(延縄)
産地

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

赤い色合いが強く、横縞がくっきりしているもの。触って張りのあるもの。

味わい

旬は秋から春先
鱗は薄くやや硬いが取りやすい。皮は厚みがあるが熱に弱い。骨は細いが硬い。
透明感のある白身でやや水分が多い。熱を通しても縮まず、硬くならない。
あらなどから実にいいだしが出る。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法
汁(潮汁)、刺身(皮霜造り、焼霜造り、酢じめ)、蒸す(酒蒸し)、揚げる(フライ、唐揚げ)

水からあらなどを煮立てて、味加減をするだけで実にうまい汁になる。独特の風味が感じられて、甘味が感じられる。酒、塩、しょうゆ、みそなどで調味してどれも実に美味。
写真は水から煮て、酒とほんの少しの薄口しょうゆで味つけした。
刺身
皮にうま味がある。そのままでは軟らかくて味がないので皮霜造り、焼霜造りにして実に味わい深い。酢じめにしても美味しい。
蒸す
ワカメ、昆布などをしき、鱗を取り去ったものを強火で蒸す。ポン酢などで食べると非常に美味。
揚げる 唐揚げ、フライも美味。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

船からのシロギス釣りなどで上がる。

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『日本の海水魚』(岡村収、尼岡邦夫編・監修 山と渓谷社)、『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ