ナガサキフエダイ

ナガサキフエダイの形態写真一覧 (クリックで下に拡大表示)
体長70cm前後になる。やや側扁(左右に平たい)し細長い。赤い体色に黄色の色素が見られる。頭部に不規則な黄色い波模様がある。

ナガサキフエダイの形態写真

体長70cm前後になる。やや側扁(左右に平たい)し細長い。赤い体色に黄色の色素が見られる。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★★★
究極の美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目フエダイ科ヒメダイ属
外国名
Sharptooth snapper
学名
Pristipomoides multidens (Day,1870)
漢字・由来
漢字 長崎笛鯛
由来・語源 田中茂穂の著書に「ナガサキイシチビキの旧名をナガサキフエダイ」とあるが学名をPristipomoides sparus (Temminck and Schlegel)としており不明。たぶん長崎県産からくるものと思われる。
地方名・市場名
鹿児島県でクロマツ。

概要 ▽

生息域

海水魚。100メートルより深場。
山陰〜九州北岸、沖縄諸島以南の琉球列島。
台湾、南沙諸島、ニューギニア島南岸を除くインド-西太平洋、サモア諸島。

生態

基本情報

鹿児島県以南に多く見られるもので、まとまってとれない魚。
沖縄などではハマダイなどとともに「マチ類」とされる。
大型で味がいいので、高値となる。
大型魚なので食用となっている地域でも種の認識度は低いと思う。

水産基本情報

市場での評価 主に九州、熱帯域であがる。関東で見かけることは非常に希。やや高値。
漁法 釣り
産地 鹿児島県、沖縄県

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

味わい

旬は春から初夏。
鱗が硬く大きい。皮は比較的薄いが、生の状態では強く引きやすい。
白身で鮮度がよいと透明感がある。熱を通しても硬く締まらない。
血合いは非常に美しい。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

生食(刺身、焼霜造り、セビチェ、カルパッチョ)、煮る(しょうゆ煮、酒塩煮)、汁(みそ汁、潮汁)、焼く(塩焼き、酒塩焼き)、ソテー(ポワレ)
ナガサキフエダイの刺身ナガサキフエダイの刺身 水洗いして三枚に下ろして皮を引く。胃袋、肝は湯通ししてあら熱を取る。刺身は少し寝かせても透明感を失わず、甘味が豊か。舌にからみつくようにうま味を感じられる。ゆでた肝、胃袋も美味だ。
ナガサキフエダイの焼霜造りナガサキフエダイの焼霜造り 水洗いして三枚に下ろして血合い骨を取る。皮目を焼き、急速冷凍庫で凍らない程度に落ち着かせて刺身状に切る。氷水にとり、水分をよくきり、落ち着かせて刺身状に切ってもいい。刺身同様に肝と胃袋を添える。フエダイ科のなかでは皮がそれほど強くないので、皮のうま味を生かすという意味では面白い。
ナガサキフエダイの兜煮ナガサキフエダイの兜煮 上質の白身で煮ても硬く締まらない。しかもフエダイ科のなかでは皮がそれほど強くないのであっさりと煮て十二分にうまい。今回は兜の部分をおかず風に酒、砂糖、しょうゆ味で煮たが、酒と塩で水分多めに煮てもおいしい。
ナガサキフエダイのみそ汁ナガサキフエダイのみそ汁 あらを集めて一度湯通しして冷水に落とす。残った鱗やぬめりを取る。水分をよく切り、水(昆布だしでも)から煮出してみそを溶く。淡泊な味の魚のに濃厚な味の汁になる。ご飯にも合う。
ナガサキフエダイの塩焼きナガサキフエダイの塩焼き 兜の部分に振り塩をして半日おく。これをじっくりと焼き上げてみた。皮は柔らかく、付着した身は適度に繊維質で身離れがいい。甘味も強くとてもおいしい。三枚に下ろして切り身を焼いてもいい。
ナガサキフエダイのポワレ 皮はそれほど強くはないが焼くと香ばしくかりっとした風味を持つ。三枚に下ろして塩コショウし、少し寝かせて皮目から油(オリーブオイル、グレープシードオイルなど)でじっくりと焼き上げる。白ワインとバルサミコ酢でデグラッセしてソースに。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ