清漁丸
片岡利夫
 高知市漁業協同組合
 清漁丸は高知市の船。年間にマダイ、れんこだい(キダイ)の釣り、また釣り客を乗せた遊漁船などを行なっています。そして春からの漁の主役は何と言ってもカツオです。
 写真のカツオは引き縄という、言わばトローリングで釣り上げたものです。船を走らせながら工夫に工夫を重ねた擬似餌(今でいえばルアーのようなもの)を引っ張ってカツオを誘います。そして掛かったカツオを一本一本ていねいに釣り上げ、血抜きをしていきます。この引き縄で釣るカツオこそ、日戻りのカツオと呼ばれる最高級のカツオです。
 片岡船長はまさに土佐の漁師の典型でもあります。「いごっそう」、頑固一徹の男振り、見た目は優し気ではありますが、なかなか一本通ったものがあるようです。この「いごっそう」の釣り上げたカツオ、まだ旬には早いとはいう3月にいただきました。
「まだ脂はないでよう」というカツオ。これが東京の築地などで見るものとは鮮度が違う。まだ堅々の身は刺身にして角が痛いほどにとんがっています。また脂は少ないものの旨味たっぷり、一本分の刺身があっというまになくなります。
 これから春も長けて初夏になると片岡船長の釣り上げるカツオも大きくなり、脂も乗ってきます。
「土佐の高知の清漁丸の日戻りがつお、食べにこんでか?」