このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「コトヒキ」はこちら >>
スズキ目スズキ亜目シマイサキ科コトヒキ属 コトヒキ Terapon jarbua (Forsskal)
他のシマイサキ科の魚へはここから!

魚貝類の物知り度
★これを知っていたら学者 ★★これを知っていたら達人 ★★★これを知っていたら通 ★★★★これは常識 ★★★★★これ知ってなきゃハジ
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
物知り度/★★
■関東など市場では希。雑魚であり値段は安い
漢字◆「琴弾」
呼び名・方言◆調べているところ
食べ方◆
刺身(洗い)/塩焼き
大きさ◆ 30センチほどになる。
生息域◆シマイサキともども関東が北限ではと思う。

 千葉県外房では稚魚をたびたび見かけるが、親魚は少なく、定置網の選別をみているとときたま見かける。内湾の河口域や波の静かな港内に多い。また鳴く魚は意外や多いのであるが、本種もグーグーと悲しそうに防波堤に上げられて鳴いている。悲しい鳴き声に「返してやるか?」なんて優しい釣り人はいるか?
■シマイサキ同様、刺身はなかなかイケる。ただし旨味は薄く、ぜひ食べたいとは思えない。また刺身にするならできれば活けを使いたい。他には塩焼き。
●尾鷲市産 岩田昭人さん(「一日一魚」の制作者)から



関連コンテンツ

サイト内検索

目次