このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「キントキダイ」はこちら >>
スズキ目スズキ亜目キントキダイ科キントキダイ属 キントキダイ Priacanthus macracanthus
キントキダイ科の他の魚へはここから

魚貝類の物知り度
★これを知っていたら学者 ★★これを知っていたら達人 ★★★これを知っていたら通 ★★★★これは常識 ★★★★★これ知ってなきゃハジ
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
物知り度/★★★
■市場には少ないながら入荷する。時にまとまって入荷するので目立つ。値段は定まらないもののやや高値
刺身/塩焼き/煮つけ/ムニエル他
 南日本からインド洋まで広く棲息。
 関東でも相模湾には多く、秋から初冬にかけては漁獲量も多い。外見では深海魚のようにも見えるが夜には港の防波堤(波止)からも釣れる。
釣り/関東では伊豆半島の防波堤(波止)での夜釣りでねらえる。エサはオキアミで浮き釣りがいい。
■ウロコが荒く、サンドペーパーのようだ。この魚はウロコはあえて取らずにそのまま三枚に卸して皮を引く。この皮はそのまま素揚げにするとサクサクとうまい。まずは刺身で食べたい。血合いは美しい薄紅色、白身で透明感がある。白身の割には甘味旨味ともに充分にあり、万人がうまいと思うはず。また変わった料理法では内臓とえらを取り、皮つきのまま焼くとそのまま蒸し焼きにできて、これをポン酢で食べると新鮮な味わい。
●神奈川県三崎港産。八王子総合卸売センター高野水産



関連コンテンツ

サイト内検索

目次