このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「サツオミシマ」はこちら >>
スズキ目ワニギス亜目ミシマオコゼ科サツオミシマ属 サツオミシマ  Ichthyscopus lebeck sannio Whitley
他のミシマオコゼ科の魚へはここから!

魚貝類の物知り度
★これを知っていたら学者 ★★これを知っていたら達人 ★★★これを知っていたら通 ★★★★これは常識 ★★★★★これ知ってなきゃハジ
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
物知り度/★★★
■流通することはまずない
生息域◆琉球列島を除く南日本、東シナ海、台湾、オーストラリア
大きさ◆ 50センチほどになる。
漢字◆調べているところ
呼び名・方言◆調べているところ
食べ方◆ 湯引き/煮つけ

 天草の出口さんにいただいたもの。当地では水深30~60メートルに多く、湯引きなどにして食べていたという。ただし最近は少なくなっているという。

■身が柔らかく弾力がある。ちょうどマシュマロのような食感。生では味がなく、湯引き、煮つけなどにする。味わいは不思議なもの。
寿司に関しては寿司図鑑へ!
●熊本県上天草市出口さんから。
出口さんのブログ『天草の海の話』へ



関連コンテンツ

サイト内検索

目次