このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「シナマナガツオ」はこちら >>

硬骨魚類条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目マナガツオ亜目マナガツオ科マナガツオ属

シナマナガツオ

魚貝の物知り度

★★★★ 知っていたら達人級

学名 Pampus chinensis (Euphrasen)
外国名 英名/Chinese pomfret, Harvestfish
マレーシア/Bawal tambak
同科同属 イボダイ亜目の他の魚へはここから!
漢字・由来 漢字/支那真名鰹
由来・語源/マナガツオの東シナ海、南シナ海でたくさんあがるものの意味。
地方名・市場名

市場では単にマナガツオ。

形態 市場で見かけるものは30センチ~40センチほど。形は正方形に近い。前後と高さが同じくらい。背鰭、尻鰭、尾鰭の縁が黒い。
生息域 大陸棚、砂泥地。東シナ海、南シナ海。
生態
一般的評価 鮮魚として入荷してくるため、ときどきプロもマナガツオと間違ってしまっている。
一般には切り身として出るので、単にマナガツオとしかわからない。
マナガツオとまぎれてしまっている。
水産基本情報 水産物としての重要度/★★★★重要水産物
市場での評価/マナガツオが春から夏にかけて入荷してくるのに対して秋に多いもの。マナガツオと区別しないで売られていることもあってキロあたり2000円以上の高値となる。
漁法/底曵網
主な産地/中国(輸入)、長崎県、福岡県
雑学 マナガツオとして売られていることが多い。
選び方 できるだけしっかり硬いもの。鰓がくすんでいないもの。
味わい・栄養 味の評価/★★★★=非常に美味
マナガツオに変わらない。
国内にくるものは時間がたっているので刺身にはできないがうまい。
とくに焼き物は国産と変わらない。
調理法 西京漬(漬け魚)、祐庵焼き、塩焼き、フライ、ムニエル
食べ方 マナガツオに似ている。
一般的に焼き物にして非常に美味。
特にみそとの相性がいい。
値段が安ければムニエル、フライなどにしてもうまい。
好んで食べる地域
加工品・名産品
釣り
参考文献 『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『原色魚類大図鑑』(安倍宗明 北隆館)、『商用魚介名ハンドブック』(日本水産物貿易協会編 成山堂)



関連コンテンツ

サイト内検索

目次