このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「ニジョウサバ」はこちら >>
スズキ目サバ亜目サバ科ニジョウサバ属 ニジョウサバ Grammatorynus bilieatus (Rüppell)
他のサバ科の魚へはここから!

魚貝類の物知り度
★これを知っていたら学者 ★★これを知っていたら達人 ★★★これを知っていたら通 ★★★★これは常識 ★★★★★これ知ってなきゃハジ
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
物知り度/★★
■沖縄などでは食用魚。
●漢字「二条鯖」
 沖縄以南に生息するとあるが、四国、九州でもときどきとれる。
 大型になる魚で1メートルを超える。
■鮮度のいいものは刺身にして美味だという。ただしやや旨味に欠ける。また水分が多いので、塩焼きなども一晩くらい塩をして寝かしてから焼く方がいい。味わいは平凡である。
●鹿児島県南さつま市笠沙 伊東英正さんより
参考文献/『釣り人のための 遊遊 魚大図鑑』(中坊徹次監修 小西英人編著)
なぜニジョウサバというのかわからなかったが、WEB魚図鑑に「側線が第1背鰭の下方で分枝して2本になり、尾柄部でまた結合する。この分枝した側線が目立つので、二条鯖と呼ばれる。また、この特徴で他のサバ科魚類と見分けられる」とある。漢字はここから参考にさせて頂いた



関連コンテンツ

サイト内検索

目次