このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「オトメガサ」はこちら >>
古腹足目スカシガイ科 オトメガサ
Scutus sinensis
他のスカシガイ科へはここから!
二枚貝目次巻き貝目次タコイカ(頭足類他)目次軟体類他索引魚貝類の呼び名のページ目次へ!
魚貝類の物知り度
★これを知っていたら学者 ★★これを知っていたら達人 ★★★これを知っていたら通 ★★★★これは常識 ★★★★★これ知ってなきゃハジ
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
物知り度/★★
■食べていない。採集した場所でも食べる習慣がない
 北海道南部以南。磯の周りの石などの裏に着いている。関東の外房、三浦半島、伊豆半島などでもっともよく見られるスカシガイ科のひとつ。
 磯などで石を起こして裏側をみると軟らかな身体(軟体)だけが見えて、一見ウミウシの仲間ではないかと見まちがう。できれば観察のときには手に持って貝殻を見つけてほしい。種としてはれっきとした巻貝の仲間である。
●三浦半島西岸



関連コンテンツ

サイト内検索

目次