このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「アカガヤ」はこちら >>
形態◆いわゆるメバル型。大きくても20センチほど。背鰭、尾鰭などに胡麻状の小さな斑点が散らばり、色合いが薄汚れて見える。これといった特徴がなく同定は難しい。
カサゴ目(Scorpaeniformes) について◆世界中に7亜目25科約266属約1271種。硬い骨格をもち、棘や突起などが発達する。
フサカサゴ科(Scorpaenidae)について◆
熱帯・温帯域に388種。食用種にメバル、イズカサゴ、カサゴ、キチジ(キンキ)、ユメカサゴなど多数。
メバル属(Sabastes)について◆
国内に37種。「メヌケ」、「メバル」、「ソイ」などの魚名語尾がある。総てが食用魚。
硬骨魚類条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系カサゴ目フサカサゴ科メバル亜科メバル属
アカガヤ(漢字/赤がや)
学名/Sebastes minor Barsukow
 ●他のメバル属の魚へはここから!
魚貝の物知り度/★ 知っていると学者級
食べ方◆煮つけ/塩焼き/干物/唐揚げ ○美味
大きさ◆20センチ前後になる
生息域◆小樽以北、カラフト、沿海州、南千島。
生態◆調べているところ。
市場での評価・取り扱われ方◆関東の市場にもときにまとまって入荷する。ただし年間入荷量は非常に少ない。またヤナギノマイなどと混同されている。値段は安い。
漁獲方法◆刺し網/定置網
◆食べてみる◆
 大きくなっても20センチほど。典型的なメバル型で白身。初夏には抱卵しているのがある。
 煮つけにすると小振りだがうまい。卵にも甘みがある。
 大きさから丸揚げにしても香ばしくうまい。
 塩焼きにするといい味であるが、小振りで食べ応えがない。当然干物にしてもうまい。
 刺身にもなるが、歩留まりが悪く、あえてすすめない。
◆名物料理・郷土料理◆
調べているところ
トゴットメバルの基本■調べているところ。
漢字◆■「赤がや」
由来◆■「がや」とはエゾメバル、ヤナギノマイなどに使われる地方名。市場でもエゾメバル、ヤナギノマイなどと混同されている。
呼び名・方言
■根室からは「ヤナギノマイ」。■単に「モドキ」。
釣り◆調べているところ。
●同定/『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
■私見。市場魚貝類図鑑データベースから 
がついたものは引用部、もしくは参考文献あり
●本サイトの無断転載、使用を禁止する



関連コンテンツ

サイト内検索

目次