このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「オクカジカ」はこちら >>
カサゴ目カジカ科ギスカジカ属 オクカジカ Myoxocephalus jaok (Cuvier)
他のカジカ科の魚へはここから!

魚貝類の物知り度
★これを知っていたら学者 ★★これを知っていたら達人 ★★★これを知っていたら通 ★★★★これは常識 ★★★★★これ知ってなきゃハジ
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
ギスカジカ属でも頭部はあまり左右に広くない。頭部に皮弁はなく4つの棘がある場合とまったくない場合がある。【近縁のギスカジカ、シモフリカジカでは棘がなく皮弁】
↓また頭部にオクカジカと同じように棘があるトゲカジカの場合は下記のように尾ビレを見る
魚貝の物知り度/★★
■産地でもあまり利用されないもの。値段も非常に安い

みそ汁/鍋物
 日本北部、北海道周辺、ベーリング海。
 海にいるカジカの仲間で流通するのはギスカジカとトゲカジカのみ
。本種は前2種と比べて小振りで、関東などにはまず回ってこない。地元での評価も低い。
 北海道白老郡白老町では「しらみかじか」と呼ばれている。(宮森水産)
■みそ汁にすると食べられるが肝などはそれほど美味ではない。やはり鍋こわし(トゲカジカ)、磯かじか(ギスカジカ)などと比べると味が落ちる。
注/カジカの仲間は鮮度が落ちやすく、食べたものが胃などに残っている場合は嫌な臭いが着いている可能性が高い。それだけ買うときの見極めが難しい。鮮度のいいものを求めたら出来るだけ早く三枚に卸すなど下処理をして置いた方がいい。
●北海道白老郡白老町『宮森水産』
トゲカジカの
尾ビレ
尾ビレの後縁が透明でやや白っぽい
オクカジカの
尾ビレ
後端に白っぽい縁がない



関連コンテンツ

サイト内検索

目次