ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ヤマトシジミ(英名/Japanese corbicula)

学名:Corbicula japonica Prime

代表的な呼び名シジミ

ヤマトシジミの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
殻長3cm前後になる。茶褐色、黒褐色でつやがあり正三角形に近く、大型になると成長脈がくっきりしてくる。[木曽川産]比較的若い個体。小さいものは黄色みを帯びている。[徳島県徳島市応神町]青森県小川原湖産の老成した個体。ツヤがなく殻頂などの殻皮がとれている。

ヤマトシジミの形態写真

殻長3cm前後になる。茶褐色、黒褐色でつやがあり正三角形に近く、大型になると成長脈がくっきりしてくる。[木曽川産]

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    知らなきゃ恥

    ★★★★

    重要水産物

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    二枚貝綱マルスダレガイ目シジミ上科シジミ超科シジミ科シジミ亜科シジミ属ヤマトシジミ亜属
    外国名
    英名/Japanese corbicula
    学名
    Corbicula japonica Prime
    漢字・由来
    漢字 大和蜆、大和四時貝
    由来・語源
    日本(大和)でもっとも普通のシジミであるため。
    ■ 「シジミ」は貝殻の表面に横じわが多数あって「縮貝(ちぢみがい)」からきている。
    ■ 煮ると身が縮むから。
    ■ 繁群れているから。
    地方名・市場名
    一般には単に「しじみ」
    ■ 日本しじみ。
    「かわがい」(佐賀県)、「きいしじみ」(岡山県)、「しじめ」(愛知県)、「すずめがい」(石川県)「ひじめ」(愛知県)。
    カワガイ、キイシジミ、シジメ、シジミガイ、シマダシジミ、スズメガイ、ヒジメ。
    生息域
    汽水域。北海道から四国九州までの汽水域。サハリン、朝鮮半島。
    生態
    ■ 塩分を含む汽水域の砂泥に棲息。
    ■ 雌雄異体、性転換する。卵生。
    ■ 産卵期は晩春(春)から秋口まで。
    ■ 孵化するとトロコフォア、ベリジャー幼生期を経て稚貝になる。
    ■ 成長は島根県宍道湖の例によると、1年で5ミリ、2年で10ミリ、3年で15ミリ、4年で18ミリになる。
    寿命は10年以上。
    基本情報
    シジミ総論(ヤマトシジミ、セタシジミ、マシジミ)
    淡水汽水域にいる小型の二枚貝。
    一般にシジミとされるのはヤマトシジミのことだが、琵琶湖特産のセタシジミも少量流通する。
    また淡水域にはマシジミがいて、山間部などの重要なタンパク源となっていた。
    ハマグリ、アサリ、シジミと江戸時代には値段が下がって、シジミはいちばん庶民的なものであったが、近年となってもこの序列は変わらない。おいしくて安いのがシジミと考えていい。
    産地などではみそ汁だけではなく、炊き込みご飯やラーメンなども作られている。
    本種(ヤマトシジミ)について
    シジミと単に言えばヤマトシジミをさす。流通するほとんどが本種で、1万トン以上の生産量がある。
    ただし汽水域という汚染や環境破壊が起こりやすい水域にいるために、激減して今日にいたる。
    古くからの産地である利根川河口域は壊滅的な状況となり、愛知、三重県などの産地も衰退している。
    日本人の生活に欠かせない二枚貝なので、国産だけではまかなえず、中国やロシア、韓国などから輸入もので補っている。
    水産基本情報
    市場での評価 年間をとおして入荷してくる。シジミ類中ヤマトシジミは国産の大部分をしめる。値段は比較的安値で安定している。
    漁法 掻剥漁(貝掻網)
    主な産地 島根県、青森県、茨城県、北海道、東京都、三重県
    ■ 産地は北海道網走湖他、青森県十三湖・小川原湖、茨城県涸沼、千葉県利根川河口、三重県木曽川河口、大阪府淀川河口、島根県宍道湖・神西湖。
    ■ 中国、韓国、ロシアなどからの輸入物が多くなっている。ここにはタイリクシジミ、バチガタシジミ、マシジミに近いもの、タイワンシジミなども含まれる。タイワンシジミは各地に進入して問題化している。
    宍道湖のヤマトシジミ漁宍道湖のヤマトシジミ漁 島根県松江市では市街地からシジミ漁を見ることが出来る。これも観光都市松江の観光資源のひとつとなっている。
    選び方
    原則的には生きているもの。貝の表面につやのあるもの。
    冷凍ものも非常に優れている。
    味わい
    旬は春〜初夏
    貝殻は硬いが薄く、歩留まりがいい。身には独特の臭みがある。
    熱を通しても硬くならない。冷凍すると旨みが増す。
    冷凍シジミ冷凍シジミ
    栄養
    古くから肝臓にいいとされている。これは肝臓の働きをよくし、胆汁などの精製を助けるメチオニン、タウリンが豊富であるため。必須アミノ酸がバランスよく含まれている。ビタミンB12、B2が豊富である。
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方

    汁(みそ汁、潮汁)、蒸し煮(ワイン蒸し、酒蒸し、紹興酒蒸し)
    シジミのみそ汁みそ汁 シジミ類のもっとも基本的な料理。だしは不要。湯に入れると身がふっくらと仕上がるが汁のうま味は薄い。水から煮ると少し身が縮むが汁の味は濃厚にあがる。みそはお好みのもので。地のみそを使うことをオススメする。料理法など好みのやり方で、家庭ごとに違う方がいい。
    シジミのうしお汁うしお汁 鍋にシジミと水をお好みの比率で入れる。だいたいシジミに対して4倍くらいまで水を入れてもいい。水の比率が少ないほど、当然のことうま味は強くなる。これに火をつけて貝殻が開いたら酒、塩で味つけする。ねぎなどの薬味はお好みで。徳島県徳島市応神町、吉野川産のヤマトシジミを使ったが、ドロ臭味は皆無、身がふっくらとしてやたらにうまい。
    シジミのワイン蒸しワイン蒸し フライパンなどにつぶしたニンニク、オリーブオイルを入れて香りが出て来たらシジミを入れる。オリーブオイルをからめて、白ワインを加えて塩味をつける。仕上げにコショウを振る。徳島県徳島市応神町産のヤマトシジミを使用した。臭味は皆無で最上級の味になった。
    シジミのスパゲッティシジミのスパゲッティ 「スパゲッティ・アッレ・ヴォンゴレ(Spaghetti alle vongole)」のひとつかもしれない。シジミの保存法はそのまま冷凍するというのが普通だ。ただ便利さから言うとバター(オリーブオイル)とワイン、もしくはドライシェリーで蒸し煮して1人前ずつ保存する方がいい。これをもどして、ゆでたてのスパゲッティと和えたもの。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    ヤマトシジミの佃煮佃煮
    ヤマトシジミの佃煮
    冷凍シジミ
    身しじみ むき身のこと。滋賀県、京都府ではこう呼ぶ。
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    ■ 国内でとれる食用のシジミは沖縄地方を除くとマシジミ、セタシジミ、ヤマトシジミの3種。流通するほとんどがヤマトシジミで、少ないながらセタシジミが流通する。マシジミはほとんど取り引きの対象にはなっていない。
    ■ 「寒しじみ」という言葉と「土用しじみ」という言葉がある。「寒」にうまいのはマシジミ、「土用(夏)」にうまいのはヤマトシジミとされてるがはっきりしない。
    ■ 江戸時代より、深川方面より「しじみ売り」が来ていたという。これに関しての文献を少しずつあげていくことにする。
    『石版東京図絵』(永井龍男 中公文庫)。明治後期から大正にかけてのしじみ売りが出てくる。
    ■ シジミチョウとは「シジミのように小さな蝶という意味合い」。
    ■ 「しじめっかい」:はやし詞に「内の中の蛤貝、外にでると蜆ッ貝」。すなわち内弁慶のこと。『明治東京風俗語事典』(正岡容 有光堂 1957)
    ■ 内の蛤、外の蜆ッ貝」:内弁慶のことで家内では活発で乱暴だが外に出ると臆病で静かであること。
    参考文献・協力
    『日本産淡水貝類図鑑 1 琵琶湖・淀川産の淡水貝類』(紀平肇、松田征也、内山りゅう 株式会社ピーシーズ)
  • 主食材として「ヤマトシジミ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ