ミルクイ(英名/Keen's gaper, Otter-shell)

学名:Tresus keenae Kuroda & Habe in Habe & Ito,1965

代表的な呼び名ミルガイ

ミルクイの形態写真

15センチを超えるものもある。ミルクイ「海松食」の名は、水管に海藻をつけていることがあり、これがミルを食べているかのごとく見えるためであるという。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★

    知っていたら通人級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    軟体動物門二枚貝綱異歯亜綱マルスダレガイ目バカガイ科オオトリガイ亜科ミルクイ属(Tresus)
    外国名
    英名/Keen's gaper, Otter-shell
    学名
    Tresus keenae Kuroda & Habe in Habe & Ito,1965
    漢字・由来
    漢字 海松食
    由来・語源 ミルクイ「海松食」の名は、水管に海藻をつけていることがあり、これがミルを食べているかのごとく見えるためであるという。ただし標準和名のミルをつけているのは見ていない。
    海藻の付いたミルクイミルクイ「海松食」の名は、水管に海藻をつけていることがあり、これがミルを食べているかのごとく見えるためであるという。ただし標準和名のミルをつけているのは見ていない。
    地方名・市場名
    市場ではミルガイ。
    ナミガイ(白ミル)と区別してホンミル(本ミル)、クロミル(黒ミル)。
    他には、アオカイ、イシワラオオ、イシワリ、ウシガイ、ウシノシリ、ウマノツベ、ウマノツベ、オ、オイ、オオガイ、オノカイ、カラスガイ、クリガイ、クリノカイ、シオフキ、シラオイ、シリブト、ソデフリ、タンポオイ、ツベヒロ、ドップリ、ハガカイ、バカガイ、バタレ、ヒラガイ、ビルガイ、ホノカイ、ミズガイ、ミノクイ、ミクロガイ、メノクイ、モンジュガイ。
    生息域
    海水生。北海道〜九州。朝鮮半島。
    潮間帯から水深20メートルの細かい砂地。
    生態
    産卵期は春から秋。
    砂などに潜り込み、水管を出して、水中をただよう植物プランクトンなどを吸い込み、食べている。
    3年で殻長10センチ前後になり、以後年1センチほどずつ
    基本情報
    ミルガイ総論
    一般にミルガイと呼ばれるものには、バカガイ科のミルクイとキヌマトイガイ科のナミガイがある。
    ナミガイは代用品的なものなので、ミルクイを「本ミル」、ナミガイを「白ミル」と呼び分けている。
    ともに大型になり、日本の浅い海域に普通に見られる。
    味の点からはミルクイに軍配が上がるが、ナミガイもなかなかおいしい二枚貝である。
    ともに利用するのは両種ともに水管部分で、すしネタに料理店などでの利用がほとんど。
    一般的な小売り店ではほとんど見かけない。
    本種(ミルクイ)について
    主に潜水漁でとる浅い海域に生息する大型の二枚貝。
    大きくて重いものの、種として利用するのは水管部分。
    他の部分は煮たり、ゆでたりするが、あまり人気がない。
    二枚貝の中ではもっとも高価であり、しかも利用する部分が限られる。
    いうなれば超高級二枚貝といった方が当たっている。
    主にすしネタに、また高級料理店などで利用される。
    水産基本情報
    市場での評価 入荷量は少ない。二枚貝ではもっとも高いもので、キロあたり3000円(卸値)を超えるのが普通。
    漁法 潜水漁
    主な産地 愛知県、瀬戸内海周辺、東京湾など
    選び方
    味わい
    旬は春
    一般に軽くゆでて食べる。
    このゆでたものを刺身という。
    主に食べるのは水管部分。
    他の部分は加熱して使う。
    ミルクイの身ミルクイが高いのはこの水管を刺身にして美味であるため。水管以外の部分もバター焼きや煮つけにして食べられる
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    刺身(ゆで)、煮つけ、バター焼き、天ぷら
    主に水管を食べる。
    水管を開いて湯に通して表面の硬い皮を剥く。
    これをわさびじょう油などで食べる。
    旨みが強く、食感がいい。
    もっとも美味な貝のひとつ。
    他の部分は煮つけに、またバター焼きなどになる。
    天ぷら 高温で短時間揚げる方がいい。ただし水管は衣との馴染みが悪い。主に足、ひも、貝柱などを使う。
    ミルクイ(本ミル)の刺身
    ミルクイ(本ミル)の水管の刺身
    ミルクイ(本ミル)の軟体部のぬた
    ミルクイ(本ミル)の軟体部のぬた
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    旧ページ内容
    古い記載が含まれている可能性があります
    市場では「みるがい」もしくは「本みる」。貝のなかでも最高級品。今や、寿司屋などでもめったに使えないものとなってしまった。北海道から九州まで棲息。瀬戸内海や三河湾、東京湾などの内湾に多い貝で、資源の減少が危惧されている。
    参考文献・協力
    『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、『魚と貝の事典』(望月賢二 柏書房)

関連コンテンツ