ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2500種以上、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ミルガイ

一般的に「ミルガイ」と呼ばれるものについてのまとめページです。


ミルガイについて

 すしダネなどで「みるがい」と呼ばれているものはマルスダレガイ目バカガイ科のミルクイである。市場では高級品で1㎏2000円以上、上物は4000円になることもある。国内産が高くなったのでカナダなどから同属が輸入されている。
 縁もゆかりもないキヌマトイガイ科のナミガイも「白みる」として、ミルクイと同じように利用されている。ナミガイも決して安くはなく、回転ずしなどで活けを使うことは少ないと思う。これもカナダなどからアメリカナミガイが輸入されている。
 過去に黄色い「黒ミル」というネタを見たことがあるが、チシマガイに似ている気がするが正体不明である。
 要するに水管を食べる二枚貝を「みるがい」、「みる」と言う傾向があると思うといいかも。

「ミルガイ」と呼ばれるもの一覧