軟体動物門二枚貝綱オオノガイ目キヌマトイガイ科

ナミガイ(英名/Japanese geoduck)

代表的な呼び名白ミル

ナミガイの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
殻長13センチを超える。貝殻はやや厚いが、もろく表面に波状の皺がある。

ナミガイの形態写真

殻長13センチを超える。貝殻はやや厚いが、もろく表面に波状の皺がある。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★★

    一般的な水産物(流通量は多くも少なくもない)

    ★★★

    美味
    分類
    軟体動物門二枚貝綱オオノガイ目キヌマトイガイ科
    外国名
    英名/Japanese geoduck
    学名
    Panopea japonica A.Adams,1850
    漢字・由来
    漢字 波貝
    由来・語源 貝殻に波状の皺(成長肋、しわ)があるため。
    地方名・市場名
    別名、オキナノメンガイ(翁面貝)。
    一般にはシロミル(白ミル)。
    カモガイ、クリガイ、シラガイ、ナミゲ。
    生息域
    海水生。北海道から九州、オホーツク海。サハリン、沿海州、太平洋沿岸のメキシコからアメリカ。
    潮間帯下部から水深30メートルの砂泥地。
    生態
    基本情報
    浅い砂地にいるもので、非常に深く砂に潜る性質がある。
    オオノガイの仲間では本種が唯一流通にのる。
    古くから食用とはなっていたが、ミルクイがあまりとれなくなり、代用品として利用されるようになり知られるようになった。
    ミルクイと比べてまずいとされるが、実はなかなか美味。
    水産基本情報
    市場での評価 流通漁は少なくはない。やや高値。
    漁法 潜水漁
    産地 愛知県、千葉県など
    選び方
    原則的に生きているもの。水管を触って張りのあるもの。
    味わい
    旬は春
    主に食べるのは水管。
    水管は大きく歩留まりは悪くない。
    熱を通しても硬くならない。
    白ミルの殻を外した状態ナミガイは一般には「白みる」と呼ばれ、刺身、寿司ネタになる。そして利用するのは水管の部分なのである。ただその周辺部、ヒモ、ワタ(内臓)なども美味で食べられる
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    ゆでる(刺身)、干もの、焼く、バター焼き、天ぷら
    一般に刺身と言われるのは軽く湯通ししたもの。
    柔らかく、旨みは少ないものの甘みがある。
    貝らしい臭みはほとんどない。
    焼きものにしても美味。
    タレを塗る、軽く干すなどしてうまい。
    バター焼きなどにも。
    ナミガイ(白ミル)の刺身
    刺身 一般的には、水管を軽く湯通しし刺身にする。ミルクイと比べると旨味甘味とも劣るが、二枚貝のなかでは美味な方
    ナミガイ(白ミル)のつけ焼きつけ焼き
    ナミガイ(白ミル)のバター焼きバター焼き
    バター焼き
    水管以外のヒモ、ワタ、貝柱などをニンニクバター(マーガリン)で短時間炒める。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    旧ページ内容
    古い記載が含まれている可能性があります
    市場では「白みる」と呼ばれている。激減したミルクイ(みるがい)の代用品として同様の使われ方をしている。値段もミルクイの半額以下である。ただし徐々に本種も資源の枯渇からか値段は上がってきているように感じる。もしもこの不景気がこなければ、もっと高騰していたかも知れない。
    ◆食べてみる◆
    長くのびる水管を食べるが、これを開いて軽く湯通し皮を剥いて使う。普通はこれを刺身として食べるが、最近は寿司ネタとして定着している。貝臭さが薄くあっさり食べやすく、万人向きの味である。
    意外に絶品なのは塩焼きである。開いたものに塩をして焼くだけで、貝の香ばしい風味、旨味が際だつ。干物にしても美味。
    水管以外のヒモ、ワタはバター焼きがいちばん。他にはみそ汁などにも使える。
    参考文献・協力
    『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、『魚と貝の事典』(望月賢二 柏書房)

関連コンテンツ