ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

フサギンポ(Fringed blenny)

学名:Chirolophis japonicus (Herzenstein,1894)

フサギンポの形態写真

体長50センチ前後になる。赤みがかったり、黒かったり、色は全体に暗色で多用。体側にうっすらと太い横縞がある。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★

    まずくはない
    分類
    硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目ゲンゲ亜目タウエガジ科フサギンポ属
    外国名
    Fringed blenny
    学名
    Chirolophis japonicus (Herzenstein,1894)
    漢字・由来
    漢字 総銀宝
    由来・語源 田中茂穂の命名。頭部に総状の皮弁があるため。
    地方名・市場名
    ガンジー。
    生息域
    海水魚。岩礁域。
    北海道全沿岸、山口県〜北海道の日本海側、東京湾〜北海道の太平洋側。朝鮮半島、山東半島、ピーター大帝湾。
    生態
    基本情報
    やや寒冷な海域の沿岸にいる中型魚。
    定置網、刺し網などにかかる。
    まとまって取れない上に見た目が悪いので、ほとんど利用されていない。
    水産基本情報
    市場での評価 入荷は非常に希。非常に安い。
    漁法 定置網、刺し網
    産地
    選び方
    触って張りのあるもの。体色してなくて、横縞が見えるもの。
    味わい
    旬は不明
    鱗は小さく滑りが多い。骨は柔らかい。皮は厚い。
    やや赤みがかった白身で、繊維質ではなく熱を通すとポロポロとする。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    揚げる(天ぷら、唐揚げ)
    フサギンポの唐揚げ揚げる
    クセのない白身でふんわり揚がる。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    旧ページ内容
    古い記載が含まれている可能性があります
    近縁のナガズカ、タウエガジの卵巣などに有毒成分があるとされているため内臓は食べないにこしたことはない。
    ■三枚に卸した身の色はきれいな白身、ふっくらと厚みがある。刺身で食べてみると旨味はないが、さっぱりとなかなか悪くない。また唐揚げは身質がよく、皮に風味があるのがなんとも言えずうまい。
    参考文献・協力
    『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)
  • 主食材として「フサギンポ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ