ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2500種以上、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

タウエガジ

Scientific Name / Stichaeus nozawae   Jordan & Snyder, 1902

タウエガジの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
体長40CM前後になる。尾鰭は尖らず後縁は丸い。口裂は目の前縁と同じ位置。尾鰭は尖らず後縁は丸い。口裂は目の前縁と同じ位置。

タウエガジの形態写真

体長40CM前後になる。尾鰭は尖らず後縁は丸い。口裂は目の前縁と同じ位置。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    食用として認知されていない

    分類
    硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目ゲンゲ亜目タウエガジ科タウエガジ属
    外国名
    学名
    Stichaeus nozawae   Jordan & Snyder, 1902
    漢字・由来
    漢字 田植我侍
    由来・語源 田中茂穂の命名。不明。
    地方名・市場名
    ガジ、ボケワラヅカ、ネコガンス、ネコガンジ、ネコワラヅカ、ゴンボガズ(留萌・道東)、ネコ、シキポロ、スキポロ(虻田)。『北海道の全魚種図鑑』(尼岡邦夫、仲谷一宏、矢部衛 北海道新聞社)
    生息域
    海水魚。水深6.5〜500m。
    北海道全沿岸、青森県牛滝・八戸、武蔵堆、新潟県佐渡。ピーター大帝湾〜サハリン西岸の日本海沿岸、宗谷海峡、アニワ湾、サハリン東岸、千島列島南部。
    生態
    基本情報
    練り製品などの原料になる。
    水産基本情報
    選び方
    味わい
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『北海道の全魚種図鑑』(尼岡邦夫、仲谷一宏、矢部衛 北海道新聞社)、『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)
  • 主食材として「タウエガジ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ