ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

クルマダイ(Japanese bigeye)

学名:Pristigenys niphonia (Cuvier,1829)

クルマダイの形態写真

体長20cm前後になる。体高があり、側へんするが意外に左右に厚みがある。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ亜目キントキダイ科クルマダイ属
    外国名
    Japanese bigeye
    学名
    Pristigenys niphonia (Cuvier,1829)
    漢字・由来
    漢字 車鯛
    由来・語源 不明。丸くて「車」のようだから。「車」は当然自動車ではなく、軸について回る輪のこと車輪のこと。また輪のように丸いという意味合いもある。
    地方名・市場名
    アカンベ、エグレ、カガミダイ、カゲキヨ、カネヒラ、キンダイ、ギンダイ、キントキ、ギンバチ、キンメ、バクチウオ、ヒレダイ、ヘイケダイ、ベニダイ、マンネンダイ。
    生息域
    海水魚。水深80〜230m。水深200m周辺に多い。
    相模湾〜九州南岸の太平洋沿岸、にいいが他県佐渡〜九州北西岸の日本海、玄界灘の沿岸、東シナ海大陸棚縁辺。台湾、南シナ海、フィリピン沿岸、ボルネオ、スラウェシ島、ジャワ島、オーストラリア北西岸・北岸、サモア諸島。
    生態
    基本情報
    底曳き網、延縄などに混ざるといった魚。
    あまりとれないので市場価値は低い。
    ただし味は抜群にいい。
    今の流通上での荷の立て方が変われば評価が上がりそう。
    水産基本情報
    市場での評価 入荷は非常に希。安い。
    漁法 底曳き網、延縄
    産地 静岡県
    選び方
    味わい
    旬は秋から春。
    鱗は細かくて非常に硬い。皮は厚い。
    透明感のある白身で、透明感は長続きする。血合いは赤いが薄い。熱を通しても硬く締まらない。
    あらなどから実にいいだしが出る。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    料理法
    生食、焼く、煮る、汁(鍋、みそ汁、潮汁)
    鍋材料にしても美味しい。非常に上質の白身で舌の上で心地よくほぐれる。
    クルマダイの刺身生食
    単に刺身にしても味がいい。見た目もきれいなので上等の刺身である。ほかにはセビチェなどにも向いている。写真は刺身。脂は身に混在している。
    クルマダイの塩焼き焼く
    何もしないでそのまま焼くといい。内臓が少なく、鱗のある皮を外すと蒸し煮にしたようになる。この焼いた皮も香ばしくて美味しい。
    クルマダイの煮つけ煮る
    面倒だが鱗を引き、適宜に切り煮つける。硬く締まらず、身に甘みがありいい味である。煮つけにするときには肝、胃袋なども入れること。これが肝心。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    旧ページ内容
    古い記載が含まれている可能性があります
    この魚、見つけるといつもただ1匹だけ。目だつ魚なのでどうしても印象に残る。黒潮の影響の強い、紀伊半島、御前崎、伊豆などで何度か小売店でも見ている。ただし売り物にするにはとれる量が少なすぎる。ということで味は良くても雑魚としての評価しかない。
    参考文献・協力
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)
  • 主食材として「クルマダイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ