ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ホウセキキントキ(Moontail bullseye)

学名:Priacanthus hamrur (Forsskål,1775)

ホウセキキントキの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
体長25cm前後になる。尾鰭は湾入形。生きているときには宝石とまではいかないが赤く輝いて見える。

ホウセキキントキの形態写真

体長25cm前後になる。尾鰭は湾入形。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ亜目キントキダイ科キントキダイ属
    外国名
    Moontail bullseye
    学名
    Priacanthus hamrur (Forsskål,1775)
    漢字・由来
    漢字 宝石金時
    由来・語源 ルビーを思わせる色合いから「宝石」とつけたもの。
    キントキ/「金時」という言葉は「赤」と同じ意味合いを持つ。これは坂田金時をモデルにした歌舞伎『怪童丸』が赤い衣装を身につけていたため。また坂田金時は別名、「坂田金平」ともいい、「きんぴら」、「かねひら」ともいう。「かねひら」も同様に「赤」を表す。
    地方名・市場名
    イチグサラー/沖縄
    ジュサカーヒーチー/沖縄
    トージ/高知県宿毛市田ノ浦すくも湾漁協
    ■ アカネバリ、アカンベ、ウマヌスット、カゲキヨ、カネヒラ、キントオジ、キントキ。『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)
    ■ キントキ、カゲキヨ。『紀州魚譜』(宇井縫蔵 淀屋書店 1929)
    生息域
    海水魚。水深100-200m。
    相模湾-屋久島の太平洋沿岸、九州西岸、琉球列島、沖縄舟状海盆。韓国釜山、済州島、台湾南部、香港、東沙諸島、西沙諸島、紅海を含みマルケサス諸島までのインド-太平洋域(ハワイ諸島をのぞく)。
    生態
    基本情報
    主に西日本などに多い沿岸魚。
    定置網などで揚がる。
    あまりまとまって取れないが、味のいい魚として認知されている。
    水産基本情報
    市場での評価 主に西日本でとれる。関東では入荷はいたって少ない。やや高値。
    漁法 定置網
    産地
    選び方
    触って張りのあるもの。赤いもの(退色していないもの)。
    味わい
    旬は秋から春。ただし年間を通して味がいい。
    鱗は硬く取りにくい、皮は薄い。骨は細くやや硬い。
    透明感のある白身でやや赤みがかる。熱を通しても硬く締まらない。
    あらなどから実にいいだしが出る。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法 生食(刺身、セビチェ、カルパッチョ、ぬた)、丸焼き、汁(みそ汁、鍋など)、煮つけ、揚げる(フライ、皮の素揚げ)、ソテー(バター焼き、ムニエル)
    生食◆血合いの色がやや弱いが実に味わい深い。脂がのっていると甘味がある。柑橘類と合わせてセビチェ、またカルパッチョ、酢みそと合わせてぬたも美味しい。
    丸焼き◆鱗もそのままに丸焼きにする。これはもっとも簡単な料理法でいながら、実に味がいい。
    汁◆あらなどのみそ汁、鍋などにしてもとてもうまい。野菜や豆腐などと合わせると豪華になる。
    煮つけ◆丸のまま煮つけにすると見た目にも素晴らしい。身はしっとりとしてイヤミがなく、煮つけ魚の最高峰のひとつだ。
    揚げる◆刺身を作るときには鱗をとらないでそのまま三枚下ろしに、皮を引く。身はフライや唐揚げにしてもうまい。
    生食◆血合いの色がやや弱いが実に味わい深い。脂がのっていると甘味がある。柑橘類と合わせてセビチェ、またカルパッチョ、酢みそと合わせてぬたも美味しい。
    丸焼き◆鱗もそのままに丸焼きにする。これはもっとも簡単な料理法でいながら、実に味がいい。
    ホウセキキントキの煮つけ煮つけ◆丸のまま煮つけにすると見た目にも素晴らしい。身はしっとりとしてイヤミがなく、煮つけ魚の最高峰のひとつだ。写真は与那城漁協「くじらばま」。
    ホウセキキントキの唐揚げ揚げる◆刺身を作るときには鱗をとらないでそのまま三枚下ろしに、皮を引く。身はフライや唐揚げにしてもうまい。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)、『紀州魚譜』(宇井縫蔵 淀屋書店 1929)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)
  • 主食材として「ホウセキキントキ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ