マス

一般的な意味での「マス」についてのまとめページです。

マス

宮城県気仙沼の魚市場に並ぶサクラマス マスという言語は標準和名のサクラマス、サツキマス、ビワマスの古代からの呼び名から来ている。要するに「Oncorhynchus masou」だけがマスなのだ。
 これが時代を経て東北や北海道まで朝廷の影響下に入るにつれて、カラフトマスが加わる。また近代になってベニザケ(元はベニマス)も加わる。
 またヨーロッパやアメリカからTrout(トラウト)が入ってきて「マス」という言語が複雑化する。
 ただし本来の「マス」はサクラマス、サツキマス、ビワマスの3種とする方がいい。

「マス」と呼ばれるもの一覧


サイト内検索

その他コンテンツ

ぼうずコンニャク関連サイト