フナ

一般的に「フナ」と呼ばれる水産物についてのまとめページです。

「フナ」と呼ばれる水産物一覧

印は「フナ」ですがそれ以外はフナの仲間ではありません。

  • カイリョウブナ

    淡水魚。長野県佐久市、駒ヶ根市で水田養殖。長野県佐久市、駒ヶ根市などの田で養殖されているフナ。 古くは観賞用に改良されてものが、煮て味がいいので田で養殖されるようになった。 内蔵が体全体に対して大きいのが特徴。
    カイリョウブナのページへ
  • ギンブナ

    淡水魚。北海道、本州、四国、九州、琉球列島、朝鮮半島、中国。 水路や河川の流れのゆるやかな場所、湖沼に棲息。フナ総論 フナは淡水魚のなかでも味がいいもの。 各地でまとまってとれるので内水では重要な食用魚となっている。 淡水魚の保存法としては古代より「なれずし」があり、朝廷などにも献上されてきている。 この代表的なもので・・・
    ギンブナのページへ
  • ゲンゴロウブナ

    淡水魚。 琵琶湖、淀川水系だけに棲息していた固有種。それが改良され「かわちぶな」となり、ヘラブナとなり日本全国に移植されている。大阪府などで養殖されていたもの。釣りのために日本全国に移入されている。 食用に改良されたものは関西では少ないながら流通していおり、一部に味の良さが認められている。 対するに関東では食用と認識さ・・・
    ゲンゴロウブナのページへ
  • ニゴロブナ

    淡水魚。琵琶湖固有種。「ふなずし」の材料として琵琶湖では高値になるという。 「ふなずし」など、なれずしの材料はなんでもよいのだが、古来よりもっともよく使われてきたのがフナだ。 中でもゲンゴロウブナとニゴロブナがその最たるもの。 そしてニゴロブナの方が骨が軟らかく味がいいとされる。 琵琶湖周辺では高級魚。
    ニゴロブナのページへ

サイト内検索

その他コンテンツ

ぼうずコンニャク関連サイト

ぼうずコンニャク本

ぼうずコンニャクの日本の高級魚事典
魚通、釣り人、魚を扱うプロの為の初めての「高級魚」の本。
美味しいマイナー魚介図鑑
製作期間5年を超す渾身作!
美味しいマイナー魚図鑑ミニ
[美味しいマイナー魚介図鑑]の文庫版が登場
すし図鑑
バッグに入るハンディサイズ本。320貫掲載。Kindle版も。
すし図鑑ミニ ~プロもビックリ!!~
すし図鑑が文庫本サイズになりました。Kindle版も。
全国47都道府県 うますぎゴーゴー!
ぼうずコンニャク新境地!? グルメエッセイ也。
からだにおいしい魚の便利帳
発行部数20万部突破のベストセラー。
イラスト図解 寿司ネタ1年生
イラストとマンガを交えて展開する見た目にも楽しい一冊。
地域食材大百科〈第5巻〉魚介類、海藻
魚介類、海藻460品目を収録。