ヒゲダイ属

Classification Hapalogenys Richardson, 1844

スズキ目について

沖縄の水揚げで揚がるほとんど総てガスズキ目 食用魚のほとんどがスズキ目。他の目すべてを合わせよりも種数は多いと思う。
 鰭、棘などが発達した高等な魚類。

ヒゲダイ属について

 イサキ科のなかでも体高があり、下顎にひげが生えている。
国内には以下の4種。
ヒゲダイ Hapalogenys sennin Iwatsuki & Nakabo, 2005
ヒゲソリダイ Hapalogenys nigripinnis (Temminck & Schlegel, 1843)
セトダイ Hapalogenys analis Richardson, 1845
シマセトダイ Hapalogenys kishinouyei Smith & Pope, 1906
海外に
Hapalogenys bengalensis Mohapatra, D. Ray & Kumar, 2013[3]
オーストラリアヒゲダイ Hapalogenys dampieriensis Iwatsuki & B. C. Russell, 2006(Australian striped velvetchin)
アンダマンヒゲダイ(Hapalogenys merguiensis Iwatsuki, Satapoomin & Amaoka, 2000/Mergui velvetchin)
Hapalogenys filamentosus Iwatsuki & B. C. Russell, 2006 (Philippine dark velvetchin)
 国内産はすべて美味。ヒゲソリダイなどは漁獲量が増えているように思える。

ヒゲダイ属に属する仲間一覧


サイト内検索

その他コンテンツ

ぼうずコンニャク関連サイト